ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    IPO


    東京新聞 2017年2月20日 夕刊

    佐川急便、東証1部上場へ 年内、海外物流網を強化

    宅配大手の佐川急便が年内の東京証券取引所第一部への上場を目指し、主幹事証券会社などと調整に入ったことが二十日、分かった。調達した資金で合併・買収(M&A)を加速し、海外を中心に物流網を拡大。国内トップの日本通運を追い上げる。佐川急便では不祥事が続いており、株式公開で透明性を高めることにより、企業イメージの改善も期待できる。上場時の時価総額は三千億円を超える可能性もある。

    親会社のSGホールディングス(HD)は佐川急便の株式の80%を保有しており、上場に伴って一部を売却する。上場後も筆頭株主の地位を維持する見通しだ。

    佐川急便は、東京営業所の社員による違法駐車で知人らを身代わりとして出頭させる事件を起こし、一日に社員ら十四人が略式起訴された。昨年十二月には配達員が荷物を蹴ったり、地面にたたき付けたりしている様子が動画でインターネット上に投稿された。

    ネット通販の利用拡大で宅配便の取扱量は増えているが、ライバルとの値引き競争は激しく、ドライバー不足で人件費も高騰している。「株式上場で企業イメージを回復できれば、採用力の強化につながる」(物流関係者)との見方もある。

    SGHDはアジアでの事業拡大も急ぐ。昨年十月には、資本業務提携を結んだ日立物流と協力し、中国で生産した衣料品を日本の納品先に一貫輸送するサービスを開始した。ベトナムでは同十一月に大型物流施設を完成させ、同国の不動産・小売り大手と物流分野で提携、翌十二月には宅配会社も買収した。SGHDは、佐川急便の上場で得た資金で買収攻勢を掛けるとみられる。

    佐川ネタ01

    出典:
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201702/CK2017022002000224.html

    上場で企業イメージ回復…?(´・ω・`)
    【【荷物ぶん投げ】佐川急便、東証1部上場へ 年内、海外物流網を強化】の続きを読む


    Business Journal 2017年01月21日 6時0分

    「完全なる子会社」シャープ、鴻海の世界的躍進のために「意のままに」利用される

    (前略)

    ▼鴻海がシャープを買収した本当の理由

    鴻海はなぜ、シャープを買収したのか。その狙いが明らかになってきた

    シャープと鴻海が共同出資するテレビ向け液晶パネル生産会社、堺ディスプレイプロダクト(SDP)は16年12月30日、中国の広州市政府と共同で世界最大級のパネル工場を新設すると発表した。広州の新工場に1兆円を投じ、18年秋の生産開始を目指す。
    その前日の29日、シャープは保有するSDP株の一部を鴻海に譲渡した。鴻海の議決権ベースの持ち株比率は39.88%から53.05%となり、SDPを子会社にした。
    シャープは持ち株を171億円で売却し、16年10~12月期の連結決算で2億3400万円の特別利益を計上する。戴氏が下期の最終黒字を公約した根拠となるカードの一枚を切ったことになる。
    SDPの新規株式公開(IPO)を検討していると伝わった1月5日の東京株式市場で、シャープの株価は一時、前日比31円(11%)高の324円まで上昇。14年9月以来、2年4カ月ぶりの高値をつけた。SDPが上場すれば、シャープは保有株を売却し、財務の改善につながると期待されたからだ。

    SDPの上場は、戴氏の公約「黒字化、早期の東証1部復帰」の切り札になり得るのか。

    鴻海は世界最大のEMSだが、あくまで有力メーカーの生産をサポートする“黒子”の存在でしかない。同社は米アップルの「iPhone」を生産しているが、圧倒的に知名度が高いのはアップルであって鴻海ではない。ここに鴻海がシャープを買収した本当の狙いが隠されている。

    シャープの買収に執念を燃やした理由は、シャープをテコにして世界的ブランドとして通用する商品の開発から販売までを手掛ける総合電機メーカーに脱皮することだろう。これは、郭氏の悲願である。

    鴻海とシャープは、中国にスマホ向け有機ELパネルの量産工場を建設する。アップルが年内に「iPhone」の表示装置を有機ELパネルに切り替えると予想されることから、鴻海・シャープ連合は有機ELの量産に乗り出し、先行する韓国のサムスン電子を追う。

    シャープは有機EL関連で2000億円を投資し、国内に工場をつくる予定だが、量産工場に関しては中国ということに方針を転換した。

    wst1604120002-p1

    全文:
    http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_303821

    まぁ、シャープは食われるだけなんでしょうねぇ。
    日本人としては少々寂しいというかなんというか…(´・ω・`)

    SDPの話は全然理解できてなかったな…。
    何ごとも勉強ですなぁ。
    【【完全なる子会社シャープ】鴻海の世界的躍進のために「意のままに」利用される】の続きを読む


    日本経済新聞 2017年01月07日 1時45分

    一風堂、海外で攻勢 3月上場へ、需要取り込み狙う

    3月にも東京証券取引所に上場する見通しのラーメン店「一風堂」を展開する力の源ホールディングス(福岡市)は、上場に伴う資金調達で海外展開を加速させる。日本食ブームが高まるなか、海外で積極的に需要を取り込んでいく狙いだ。

    海外では2008年のニューヨークを皮切りに約60店舗展開。一風堂の国内は約80店舗で、海外出店を積極化している。官民ファンドのクールジャパン機構(海外需要開拓支援機構)は一風堂に出資と融資を合わせて計20億円を支援。欧米豪地域を中心に出店を後押しする。アジアでも今春、ミャンマーに初出店を計画している。

    海外での日本食ブームを背景に、九州のラーメンチェーンは出店が相次ぐ。昨年は一蘭(福岡市)がニューヨークに米初出店したほか、重光産業(熊本市)が手掛ける味千ラーメンがローマに欧州初となる店舗をオープンさせた。資金調達力を高めて、一風堂が競合他社に需要の取り込みで後れを取らぬよう海外展開を加速させるとみられる。

    いちよし経済研究所のアナリスト、鮫島誠一郎氏は上場について「一風堂の知名度や海外展開力で株価にプレミアムが乗るのではないか」と話す。一方でラーメン店の展開は「地方で味付けが違い全国チェーンはあまり多くない。国内の店舗数増加は今後の課題になるだろう」とみている。

    一風堂ネタ02

    出典:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLZO11420090W7A100C1LX0000/

    食べ物系IPO来ました。
    次はラーメンですか~。
    上場後は『優待キタ━━(゚∀゚)━━!!』とか盛り上がるのかな?


    wikipedia

    博多一風堂 - Wikipedia


    公式

    博多一風堂

    【【ラーメンIPO】 一風堂、海外で攻勢 3月上場へ、需要取り込み狙う】の続きを読む

    6177AppBank20160208-1前場

    6177AppBank20160208前場

    いろいろと香ばしい…(´・ω・`)

    【2/8(月) 前場勢い(高) AppBank(6177) 前日比-212(-10.94%) 書込まとめ】の続きを読む

    日本郵政 (6178)

    6178日本郵政20151106-1前場


    6178日本郵政20151106前場


    かんぽ生命保険 (7181)

    7181かんぽ生命20151106-1前場


    7181かんぽ生命保険20151106前場


    ゆうちょ銀行 (7182)

    7182ゆうちょ銀行20151106-1前場


    7182ゆうちょ銀行20151106前場



    【11/6(金) 日本郵政(6178)・かんぽ生命保険(7181)・ゆうちょ銀行(7182)】の続きを読む

    このページのトップヘ