ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    禁煙

    産経ニュース 2017年03月02日 16時36分

    飲食店禁煙なら行く回数「増える」4割 「減る」の3倍

    他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止対策として飲食店が禁煙になった場合、「行く回数が増える」と考える人が4割に上ることが2日、九州看護福祉大の川俣幹雄教授らの研究グループの調査で分かった。厚生労働省は飲食店を原則禁煙とする健康増進法改正原案をまとめたが、飲食店業界の一部が「客離れが起きる」などとして反対している。

    調査は全国の20代~70代の男女約1万人を対象にインターネットで実施。「料理や飲物、接客態度は優れているが喫煙可能だった飲食店が禁煙になったらどうするか」との問いに「使用回数が増える」としたのは42%(4230人)。「減る」とした12・6%(1272人)の3倍以上だった。

    また、受動喫煙対策を強化する厚労省の方針には7割以上が賛成。グループは「受動喫煙は有害だという知識が普及してきたのではないか」と分析している。

    受動喫煙防止ネタ01

    出典:
    http://www.sankei.com/life/news/170302/lif1703020049-n1.html

    店舗としては反対してるんですよねぇ。
    まぁ、今まで出来たものを無くすとお客さん減ると思っちゃいますよ(*´・ω・)(・ω・`*)ネー

    【【受動喫煙問題】飲食店禁煙なら行く回数「増える」4割 「減る」の3倍】の続きを読む


    神戸新聞 2017年02月25日 21時45分

    居酒屋、例外なく禁煙に 子どもや訪日客に配慮

    他人のたばこの煙を吸わされる受動喫煙の防止強化策を進める厚生労働省が、全国の居酒屋や焼き鳥屋などを原則禁煙とする方針を固めたことが25日分かった。一時は例外を認める案も検討したが、家族連れや訪日観光客らの利用が想定され、禁煙がふさわしいと判断した。

    厚労省は、受動喫煙対策を盛り込んだ健康増進法改正案の今国会提出を目指しているが、自民党内には反対意見もあり、調整に時間がかかる可能性もある。

    厚労省は、東京五輪・パラリンピックに向けて、「未成年が利用する場所は受動喫煙防止を徹底する」という方針を固め、居酒屋や焼き鳥屋は例外を認めないことにした。

    img_0

    出典:
    https://www.kobe-np.co.jp/news/zenkoku/compact/201702/0009947147.shtml

    だいぶ外堀から埋められてますな
    飲み屋で吸えなくなると、喫煙者はどうすりゃ良いのやら…?

    【【総嫌煙時代】居酒屋、例外なく禁煙に 子どもや訪日客に配慮】の続きを読む

    このページのトップヘ