ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    東芝


    朝日新聞 2017年07月25日 02時32分

    監査法人「東芝会計処理に誤り」 「不適正意見」検討

    東芝の米原発事業による巨額損失をめぐり、監査を担当するPwCあらた監査法人が、過去の会計処理に「誤り」があるとの見解を示していることが、関係者の話でわかった。東芝の主張と食い違い、今年3月期決算に「不適正意見」を出す可能性が浮上してきた。

    不適正意見の場合、東芝の上場廃止が現実味を帯びてくる。

    PwCあらたが問題視しているのは、東芝の米原発子会社ウェスチングハウス(WH)が2015年12月に買収した米建設会社に関連して発生した工事損失引当金約6千億円の会計処理。米国で原発建設工事が遅れ、損失額が膨らんだ。

    損失は認識した時期に計上する決まりがある。東芝はWHから報告のあった昨年12月に認識し、その時点で計上したと主張する。一方、PwCあらたは、それ以前の「16年3月期決算の損失はゼロではなかった」との見解を東芝に伝えた。「必要かつ入手可能な情報が適切に分析されていなかった」としたうえ、会計上の「誤謬(ごびゅう、誤り)にあたる」と判断しているという。

    出典:
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170725-00000009-asahi-soci

    もうネットの話題にもならない東芝…。
    このまま何事も無かったかのように過ごすんだろうなぁ。

    まぁ、それを狙ってるのかもしれませんが(´・ω・`)
    【【東芝 上場廃止危機】監査法人「東芝会計処理に誤り」「不適正意見」検討】の続きを読む


    ロイター 2017年06月02日 19時26分

    GPIF、新日本監査法人を提訴 東芝不正会計で損害賠償35億円

    公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が、東芝の不正会計問題を巡り、新日本監査法人に対して35億円の損害賠償を求める訴えを起こしたことが2日、分かった。GPIFが監査法人を提訴するのは初めて。ロイターが訴状を確認した。

    提訴は5月17日付で、原告はGPIFが保有する国内株式を管理する日本トラスティ・サービス信託銀行。

    訴状によると、新日本監査法人は、東芝の有価証券報告書に虚偽記載があったにもかかわらず「相当な注意を怠って」適正意見を表明し、GPIFに損失を生じさせた。GPIF側は損害額の合計を122億円余りと試算し、今回の裁判ではその一部を損害賠償として求める考え

    GPIFは不正会計問題に関連し、すでに東芝に対して計132億5000万円を求める訴訟を起こしている。

    新日本監査法人の広報担当者はロイターの取材に対し、「提訴の内容を精査したうえで適正に対応していく」とコメントした。

    img_c7bb747061abdeea7be75e0f190e3eb9196129

    出典:
    https://jp.reuters.com/article/gpif-sues-accounting-firm-idJPKBN18T1D1

    PwCあらたの前の監査法人なんですよね~。
    今回の件で、さらに東芝の監査厳しくなりそうですね(´・ω・`)

    もう報酬に任せて、盲判を押してくれる監査法人探すしか…。
    一度報酬貰っちゃえば、潰れても良いと思ってるような監査法人でも( ^ω^)

    【【年金激おこ】GPIF、新日本監査法人を提訴 東芝不正会計で損害賠償35億円】の続きを読む


    SankeiBiz 2017年04月22日 06時18分

    東芝、社員に自社株購入呼び掛け 下落で含み損…「モラル疑う」と反発

    経営再建中の東芝が、東京証券取引所による「監理銘柄」の指定で上場廃止の恐れが指摘される中、社員向けに自社株購入を呼び掛けていたことが21日、分かった。自社株を保有する社員の多くは、系列の米原発会社の経営破綻などを背景に株価低下で含み損が出ており「会社のモラルを疑う」と反発している。

    東芝関係者によると、「東芝持株会2017年度4月定例募集に関する件」と題した文書で全社員に周知された。4月3日から募集を始め、監査法人からの適正意見を得ずに決算発表するなど混乱が続く中で21日に締め切った。

    東芝の株価は1株1000円を超えることもあったが、一連の問題が明るみに出てからは200円前後で推移大半の社員が「半ば強制的」(東芝社員)に自社株を購入しているといい、東芝持株会は発行済み株式の約3%を保有する大株主となっている。

    自社株購入を巡っては、東芝の部署ごとに社員の加入率などが数値化され、課長が数値目標達成のため部下に直接購入を頼み込むことも過去にあったという。ある社員は「この現状でさすがに買う人はいないだろう。多額の含み損を抱える身としては、募集の意図が分からず怒りすら感じる」と話している。

    広報担当者は「定例的な募集で、新規加入だけではなく口数の変更手続きもできる。何件応募があったかは公表していない」と説明している。

    東芝ネタ79

    出典:
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170422/bsb1704220618004-n1.htm

    それでは東芝の20年チャートを見てみましょう
    東芝ネタ80
    私ぐらいの年齢の課長クラスだと株価1/5ぐらいになってますね…
    新入社員から持株会入ってる人はかなりつらそう…(´・ω・`)

    【【東芝】社員に自社株購入呼び掛け 下落で含み損…「モラル疑う」と社員反発】の続きを読む


    朝日新聞デジタル 2017年04月11日 18時39分

    東芝、やっと決算発表 監査法人は「意見不表明」

    東芝、2カ月遅れで決算発表 監査法人の適正意見なし

    東芝は11日、2016年4~12月期決算を約2カ月遅れで発表した。
    ただ、通常つくはずの監査法人の「適正意見」はなく、信頼性を欠く内容となった。
    経営破綻(はたん)した米原発子会社ウェスチングハウス(WH)をめぐる調査で監査法人側との溝が埋まらず、形の上で決算を出すことを急いだ。

    東芝を担当するPwCあらた監査法人は、通常の決算につける「適正意見」に代え、十分な監査の証拠が得られなかった場合に出す「意見不表明」を出した。
    WHの巨額損失を経営陣が早くから認識していた可能性について、評価がまだ終わっていないためとした。
    東芝が発表した16年4~12月期決算は、米国の原子力事業関連で7166億円の損失を計上し、純損益は5325億円の赤字(前年同期は4794億円の赤字)となった。
    2月に公表した見通しから、追加の引当金の計上などで赤字が326億円拡大した。

    3月のWHの破綻による損失は織り込んでいない

    東芝ネタ77

    出典:
    http://www.huffingtonpost.jp/2017/04/11/toshiba_n_15934110.html

    「ざら場で決算出るか!?」
    とワクワクしながら待つも、とうとうざら場では出ず。

    で、17時ちょいという時間に開示が出ました(´・ω・`)
    「意見不表明」というのも聞きなれない言葉ですね。

    分かりやすい「会計・監査用語解説集」> 意見不表明

    http://www.hp.jicpa.or.jp/ippan/cpainfo/ke_word/2007/09/post_40.html

    いろいろ勉強になりま~す!
    【【3度目の正直?】東芝、やっと決算発表 監査法人は「意見不表明」】の続きを読む


    TBS NEWS 2017年04月06日 13時01分

    経営危機の東芝、監査法人の承認なく決算発表も

    深刻な経営難に陥っている東芝が、監査法人からの承認を得ないまま決算発表を行うという、異例の手段を検討していることが分かりました。

    東芝はこれまで監査法人からの承認が得られず、先月、先々月の2度にわたって、去年4月から12月までの決算の発表を延期しています。

    来週11日が3度目の決算発表の期限ですが、東芝は監査法人の承認を得ないまま、決算発表を行うことを検討していることが、関係者への取材で分かりました。

    ただ、上場企業の決算は監査法人からの承認によって信頼性が保たれているため、承認を得ないまま決算を発表すれば極めて異例の事態で、東芝に対する市場の不信感は更に高まる可能性があります。

    このため東芝は、さらに決算の発表を延期することも並行して検討していて、監査法人とぎりぎりの調整を続けています。

    東芝ネタ66


    出典:(動画有)
    http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye3022169.html

    東芝ネタ65
    それしか言えない…。

    てか、そんなこと許されるの?
    もう監査法人必要無いね(´・ω・`)

    【【チャレンジ!】経営危機の東芝、監査法人の承認なく決算発表も】の続きを読む

    このページのトップヘ