ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    東京電力


    NHK NEWS WEB 2017年02月02日 18時12分

    福島第一原発2号機 格納容器で高い放射線量 推定

    東京電力福島第一原子力発電所2号機で行われている調査で、撮影された画像の解析から格納容器の一部の放射線量が最大で1時間当たり530シーベルトと推定されることがわかりました。人が死に至るレベルに短時間で達する極めて高い値で、東京電力は、核燃料が原子炉から溶け落ち、燃料デブリとなって格納容器の内部で強い放射線を出している可能性があるとして今後、ロボットによる詳しい調査を行うことにしています。
    福島第一原発の事故で溶け落ちた核燃料は内部の構造物と混じって燃料デブリとなっているとみられ、2号機では先月格納容器の内部をカメラで撮影する調査が行われました。東京電力が、撮影された画像を解析して放射線量を評価したところ、原子炉を真下で支えているペデスタルと呼ばれる円筒状のコンクリートの外側で最大で1時間当たり530シーベルトと推定されることを明らかにしました

    これは、人が死に至るレベルに短時間で達する極めて高い値で、最大で30%程度の誤差がある可能性はあるものの、2号機の格納容器内で事故の翌年に計測された1時間当たり73シーベルトに比べても高くなっています。このほかに、解析が行われた格納容器の入り口付近は最大で1時間当たり50シーベルト、ペデスタルの入り口付近は1時間当たり20シーベルトで、格納容器の外側への放射性物質を含むガスの漏えいはないとしています。

    東京電力は、核燃料が原子炉から溶け落ち、燃料デブリとなって格納容器の内部で強い放射線を出している可能性があるとして今後、放射線量や温度を計測できるロボットによる詳しい調査を行うことにしています。ただ、ロボットを移動させる予定の原子炉の真下にある金属製の格子状の床は先月30日の時点で、一部脱落していることがわかっているうえに、画像を処理した結果、あらたに1メートル四方にわたって、脱落しかかっている部分があることもわかりました。

    東京電力は、溶けた核燃料の熱の影響を受けた可能性があるという見方を示すとともに、ロボットで調査できる範囲が一部に限られるおそれがあるとして、ロボットの移動ルートを慎重に検討したうえで調査を行うとしています。

    原発ネタ00

    続き:(動画あり)
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170202/k10010862391000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_018

    μとかmとかで大騒ぎしてた時代もあったんですよねぇ。
    てか、「ただちに死に至る」とか…(´・ω・`)

    【【ただちに死に至る】福島第一原発2号機 格納容器で高い放射線量】の続きを読む


    9501東京電力20150811-1前場

    9501東京電力20150811前場


    【8/11(火) 前場勢い(高) 東京電力(9501) 前日比-4(-0.48%) 書込まとめ】の続きを読む


    9501東京電力20150810-1前場

    9501東京電力20150810前場


    【8/10(月) 前場勢い(高) 東京電力(9501) 前日比-68(-7.68%) 書込まとめ】の続きを読む


    9501東京電力20150805-1前場

    9501東京電力20150805前場


    【8/5(水) 前場勢い(高) 東京電力(9501) 前日比-5(-0.54%) 書込まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ