ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    東京都


    朝日新聞 2017年3月13日05時06分

    豊洲市場「対策後も汚染残る」 東京ガス、当初から都に

    東京都の豊洲市場の土壌汚染問題で、土地所有者だった東京ガスが2001年の交渉当初から、対策工事後も「汚染が残る」と都に伝えていたことがわかった。売却後の一定以上のレベルの汚染処理については「都の負担」を求め、都側が困惑する記録も残っていた。責任や費用分担をめぐる都と東ガスの認識がすれ違ったまま、売却交渉が進んでいた

    都議会の調査特別委員会(百条委員会)に東ガスが提出した都との交渉資料から明らかになった。

    東ガスは元々、土地売却に消極的だったが、01年7月、都と市場移転を進める「基本合意」を締結。東ガス側が「事業性に影響し、非常に重要」とした土壌汚染対策の範囲について、基本合意に合わせて両者で結んだ確認書で、主に都条例が求める範囲にとどめ、「拡散防止を目的」とすることで一致していた。

    だが、3カ月後の同年10月31日にあった打ち合わせ記録では、両者の認識の違いがあらわになった。都中央卸売市場部長らが「東ガス工場由来の汚染は、すべて環境基準までの対策が行われる」との認識を示すと、東ガス側は「処理レベルがかなりかけ離れている」と反発。進めている対策は「汚染中心部の除去」などと説明し、こうした工事は「(都知事本部と)確認書で確認した」とした。

    東ガス側はこの時、自社による対策工事後も「環境基準を超えた場所が存在する」と明言していた。「都条例の『拡散防止』の観点からは覆土などで問題ない」との立場だった。

    AS20160917000938_comm

    続き:
    http://www.asahi.com/articles/ASK3D0VGWK3CUTIL025.html

    さて、落とし所はどうなるのか…?
    百条委員会バトル開演しましたね(´・ω・`)

    【【落とし所は?】豊洲市場「対策後も汚染残る」 東京ガス、当初から都に】の続きを読む


    NHK NEWS WEB 2017年01月27日 6時07分

    東京都 白熱電球2個をLED電球1個と交換へ

    東京都は、家庭での省エネ対策を促進するため電器店に白熱電球2個を持ち込むと、エネルギー効率がいいLED電球1個と無料で交換する取り組みを新年度から始め、100万個のLED電球の普及を目指すことにしています。
    東京都は、家庭での省エネ対策を促進するため、一度取り替えるとおよそ10年間使用でき、白熱電球と比べてエネルギー効率がいいLED電球を普及する取り組みを始めるため、新年度予算案に18億円を盛り込みました

    この取り組みでは、地域にある電器店などに、家庭で使っている白熱電球2個を持ち込むと、LED電球1個と無料で交換します。

    都によりますと、白熱電球の値段は安い場合、1個100円程度なのに対し、LED電球は1個1500円程度と価格に差があることが、普及を阻む原因になっているということです。

    このため都は、新たな取り組みを通じて、100万個のLED電球の普及を目指すことにしていて、ことし夏ごろまでに交換を始めたいとしています。

    小池知事は「LED電球のメリットを多くの人に理解してもらう、普及のための起爆剤だ。家庭の消費エネルギーの3割が照明であり、これによりCO2の削減につなげる」と話しています。

    小池ネタ01

    出典:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170127/k10010854391000.html?utm_int=all_side_ranking-access_001

    1/27にLED関連がちょろっと反応してましたね。
    寄り天ぽくなりましたが…(´・ω・`)

    というか「何かやってやろう」という意気込みは見えるのですが、
    これは費用対効果薄いのでは…。

    【【小池さん、大丈夫…?】東京都 白熱電球2個をLED電球1個と交換へ】の続きを読む

    このページのトップヘ