ざら速

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で「面白い!」と思ったニュースを更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    日銀


    ロイター 2017年06月02日 11時27分

    日銀バランスシートが500兆円突破 膨らむ出口リスクに警戒感

    日銀のバランスシートが初めて500兆円を突破した。2013年4月に導入した量的・質的金融緩和(QQE)によって、市場から大規模な長期国債の買い入れを継続しているためだ。それでも目標とする物価2%への道のりは遠く、市場からは、バランスシートの膨張とともに、将来的な出口のリスクも膨らんでいる、との指摘が出ている。

    日銀が2日に公表した営業毎旬報告によると、5月末現在の日銀の資産と負債の残高は500兆8008億円と初めて500兆円を超え、GDP(国内総生産)に匹敵する規模に膨らんだ。1年前から約75兆円増加し、QQE導入前の2013年3月末の164兆3123億円と比べて3倍超となる。

    資産サイドの国債の保有額は427兆2495億円と国債発行総額の4割程度を占める。特に、このうち長期国債は390兆1912億円となり、QQE導入前の63兆円程度から6倍超とハイペースの増加を続けている。

    もっとも、日銀は昨年9月の長短金利を操作対象とした「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の導入後も、長期国債の買い入れは保有額を年間約80兆円増加させることをめどとしているが、5月末の長期国債残高は前年比71兆円程度の増加にとどまった。

    国債保有の増加に伴い、負債サイドは金融機関が日銀に預けている当座預金残高が拡大。351兆6824億円とQQE導入前の約58兆円から、こちらも6倍超に膨らんだ。

    日銀は黒田東彦総裁のもと、物価2%目標を2年程度で達成すると宣言してQQEを導入し、その後に同政策を拡大、マイナス金利政策やイールドカーブ・コントロール(YCC)政策などを追加して緩和策を強化してきたが、足元の消費者物価上昇率はゼロ%程度で低迷を続けている

    依然として物価2%目標の実現が遠い中、市場では、長期化する大規模緩和の副作用や、将来的な出口戦略が困難になる可能性に警戒感が強まりつつある

    出口局面では、当座預金の超過準備に対する付利を引き上げることが想定されるが、大量に保有する低利の長期国債との間で逆ざやが発生する公算が大きい。緩和策の長期化によってバランスシートの拡大が続けば出口戦略の困難さが増すとともに、日銀財務の悪化度合いも大きくなり、通貨の信認のき損や、国庫納付金の減少による国の財政への影響などを懸念する声もある。

    BN-CY212_0524_1_G_20140525195643

    出典:
    http://jp.reuters.com/article/boj-balance-sheet-idJPKBN18T04P?il=0&sp=true

    いつまで
    「来てくれたんだね!日銀さん!」
    が続くかどうか…(´・ω・`)

    【【日銀】バランスシートが500兆円突破 膨らむ出口リスクに警戒感】の続きを読む


    テレ朝ニュース 2017年2月8日 15時05分

    日銀に“おんぶにだっこ”の国債4割超 副作用懸念

    日銀が国の借金を抱える割合がまた増えました。
    日銀が保有する国債の割合が初めて4割を超えました

    日銀が発表した統計資料によりますと、1月末時点の国債の発行残高は額面ベースで894兆3357億円で、このうち日銀の保有分は358兆1977億円となり、残高全体に占める日銀の保有割合が初めて4割を超えました。
    2013年4月に異次元緩和を導入してから大規模な買い入れを続けているためです。
    日銀は去年9月に、政策で重視するポイントを国債買い入れの「量」から「金利」に転換しましたが、依然として「年80兆円」をめどに国債の大量購入を続けています

    国債の大量保有は将来の金利上昇局面で日銀の財務を悪化させる恐れがあるほか、財務規律をゆがめる副作用も指摘されています。

    黒田ネタ09

    出典:
    http://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000093931.html

    まぁ、いろんな意見はありますが…(´・ω・`)
    【【異次元緩和】日銀に“おんぶにだっこ”の国債4割超 副作用懸念】の続きを読む


    ロイター 2017年02月03日 17時03分

    焦点:日銀指値オペ、長期金利ゼロ%死守の構え 米国圧力懸念の払拭も

    日銀は3日、急激な金利上昇を止めるため、特定の年限の国債買い入れを増やす「指値オペ」を実施した。トランプ米大統領による円安誘導批判を受け、日銀が長期金利を押し下げるようなオペは難しくなるとの思惑が浮上。長期金利は3日、一時、0.15%を超えて上昇した。日銀は、指し値オペの実行によってゼロ%に抑える政策に変化がないことを明確にし、圧力を意識した市場に「強い意思」を示した格好だ。

    指値オペの実施は現在の金融政策「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)」を開始した2016年9月以来、2度目となる。

    YCCは、短期金利(翌日物)をマイナス0.1%、長期金利(10年国債利回りJP10YTN=JBTC)はゼロ%程度にするよう国債買い入れを進める政策。YCCの導入と同時に指値オペの導入も決めたが、長期金利がどの程度ゼロ%からかい離すれば実施するのか日銀は明示していないため、市場では様々な思惑が交錯してきた。

    日銀は現在、目標としている長短金利の水準を変更しない限り、国債の買い入れ量を増減させても政策は維持されているとの立場を表明している。

    今年1月には、国債買い入れの回数を従来よりも削減。月間の国債買い入れ額が従来の9兆円から8兆円強に減少したため、そのままのペースが続けば、年間の買い入れ額は70兆円前後に減少する計算になる。

    指値オペ01

    続き:
    http://jp.reuters.com/article/ycc-boj-idJPKBN15I0TM?sp=true

    後場寄りのインチキ。
    本当に「なんだそれ~!?」状態に…(´・ω・`)

    そりゃ、トランプさんも激おこですわ…。
    【【インチキの後場寄り】日銀指値オペ、長期金利ゼロ%死守の構え 米国圧力懸念の払拭も】の続きを読む


    産経ニュース 2017年01月17日 11時4分

    日銀、「不動産バブル」に警戒 低金利・節税対策で貸家に投資マネー流入

    超低金利環境が続く中、不動産市場の一部に過熱を警戒するサインが出ている。日銀が16日開いた支店長会議では、複数の支店から、貸家の空室率の上昇や家賃の下落に関する報告があった。株や為替相場が激しく変動を繰り返す中、行き場を失った個人投資マネーが貸家経営に流れ込んでいる状況に「不動産バブル」を警戒する声も出ている

    「貸家の供給圧力が強い中で、賃貸物件の入居率は全体としてみれば幾分低下しつつある。郊外などでは、築年数のたった物件を中心に入居率・家賃とも下落している」(本店)

    「このところ金融機関の審査が(貸家の)供給過剰感の強まりを意識してか、やや厳しくなってきたように感じている」(松江支店)

    日銀が同日公表したさくらリポートには、こんな声が盛り込まれた。

    国土交通省によると、昨年11月の住宅着工戸数は前年同月比6・7%増の約8万5千戸で、5カ月連続のプラス。牽引(けんいん)役の貸家は15・3%増の13カ月連続と増勢が続いている。

    バブルネタ01

    出典:
    http://www.sankei.com/economy/news/170117/ecn1701170010-n1.html

    個人投資マネーって不動産に向かってんの…?
    もっと株に来てください…。

    安西先生…、相続心配するようなお金が欲しいです(´・ω・`)
    【【日銀「不動産バブル」に警戒】低金利・節税対策で貸家に投資マネー流入】の続きを読む


    NHK NEWS WEB 2017年01月11日 0時45分

    去年 海外投資家の売買規模 リーマンショックに匹敵

    海外の投資家が去年1年間に国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6000億円余り上回り、世界的な金融危機「リーマンショック」が起きた平成20年に匹敵する規模だったことがわかりました。
    東京証券取引所のまとめによりますと、海外の投資家が去年、国内の主な株式市場で株式を売った額は、買った額を3兆6887億円上回る、大幅な「売り越し」となりました。これは世界的な金融危機「リーマンショック」の影響で、海外投資家の売り越し額が3兆7085億円に膨らんだ平成20年に匹敵する規模です。

    去年、円高が進んだことや中国経済の減速などで日本企業の業績に対する懸念が広がり、海外の投資家が株式を売る動きを強めたことが主な要因です。

    その一方で、日銀は金融緩和策の一環として、複数の企業の株式を組み合わせた金融商品である「ETF」を去年、4兆6016億円買い入れました。

    日銀によるETFの購入は、株価の上昇につながる効果もあり、ニッセイ基礎研究所の井出真吾チーフ株式ストラテジストは「去年は海外の投資家が日本の株式を売る一方、日銀が大量に買い入れることで株価が支えられた、いわゆる『官製相場』だったと言える。ことしの株式市場は、今のところ活況となっているが、トランプ次期大統領が就任したあとにどのような政策を打ち出すかがカギを握る」と話しています。

    日銀ネタ01

    出典(動画有り):
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170111/k10010834831000.html

    こうはならないように気をつけてね(´・ω・`)
    来てくれたんだね!日銀さん!(最新) 【【官製相場】去年 海外投資家の売買規模 リーマンショックに匹敵】の続きを読む

    このページのトップヘ