WBS 2017年10月13日

21年ぶりの株高でも… 実感なき“景気拡大”のワケ

9日連続で日経平均株価は上昇し、およそ21年ぶりの高値となりました。
株価上昇の中、個人投資家からの売買注文はあまり増えておらず、実は、株価を押し上げた主役は「海外の投資家」です。
9月の3週目まで日本株を売り越していた海外投資家が先週、今年最大となる6,575億円を買い越していました。

実際、景気は良くなっているのか街で聞くと、実感を感じていない声が多く聞かれました
8月9月と相次いで値下げした西友では、値下げ後、売り上げ数が30倍になった商品も
客はまだ節約傾向で、しっかりしたメーカーで価格の安いものが売れているといいます。
好調な輸入車、BMWの販売台数の牽引役は低価格帯のラインナップでした。国産車からの乗り換えも低価格車へ。すでにBMWを持っている人でも手ごろな価格の車を買うといいます。

景気拡大の実感がわかない理由について専門家は「いざなぎ景気と比べて賃金が伸びていない」と指摘します。

20171013_wb_nl02_9353b131507c7f2d_9

出典:
http://www.tv-tokyo.co.jp/mv/wbs/newsl/post_142297/

日経平均-チャート(10日間)
日経平均ネタ30

新興ばっか触ってると実感無いのですが、
日経平均は9連騰で20年来の高値なんですよねぇ…(;^ω^)

今年最長の連騰らしいです。
なんか新興触ってる人には実感なさそうな上げなのですが…。

とりあえず、好景気さも実生活では実感出来ないというね。
あ、それはあまり外出しないせいかもしれませんが(´・ω・`)

続きを読む