ロイター 2017年02月03日 17時03分

焦点:日銀指値オペ、長期金利ゼロ%死守の構え 米国圧力懸念の払拭も

日銀は3日、急激な金利上昇を止めるため、特定の年限の国債買い入れを増やす「指値オペ」を実施した。トランプ米大統領による円安誘導批判を受け、日銀が長期金利を押し下げるようなオペは難しくなるとの思惑が浮上。長期金利は3日、一時、0.15%を超えて上昇した。日銀は、指し値オペの実行によってゼロ%に抑える政策に変化がないことを明確にし、圧力を意識した市場に「強い意思」を示した格好だ。

指値オペの実施は現在の金融政策「長短金利操作(イールドカーブ・コントロール、YCC)」を開始した2016年9月以来、2度目となる。

YCCは、短期金利(翌日物)をマイナス0.1%、長期金利(10年国債利回りJP10YTN=JBTC)はゼロ%程度にするよう国債買い入れを進める政策。YCCの導入と同時に指値オペの導入も決めたが、長期金利がどの程度ゼロ%からかい離すれば実施するのか日銀は明示していないため、市場では様々な思惑が交錯してきた。

日銀は現在、目標としている長短金利の水準を変更しない限り、国債の買い入れ量を増減させても政策は維持されているとの立場を表明している。

今年1月には、国債買い入れの回数を従来よりも削減。月間の国債買い入れ額が従来の9兆円から8兆円強に減少したため、そのままのペースが続けば、年間の買い入れ額は70兆円前後に減少する計算になる。

指値オペ01

続き:
http://jp.reuters.com/article/ycc-boj-idJPKBN15I0TM?sp=true

後場寄りのインチキ。
本当に「なんだそれ~!?」状態に…(´・ω・`)

そりゃ、トランプさんも激おこですわ…。
【【インチキの後場寄り】日銀指値オペ、長期金利ゼロ%死守の構え 米国圧力懸念の払拭も】の続きを読む