読売オンライン 2017年03月10日 09時54分

ヤマト版「書留」廃止検討…再配達など負担に

宅配便最大手のヤマト運輸が、コンサートのチケットやクレジットカードなどの貴重な送付物を受取人に手渡しするサービス「セキュリティパッケージ」を廃止する方向で検討していることがわかった。

人手不足の中で再配達の頻度が高く、従業員にとって負担が大きいため、廃止により労働環境を改善する。

セキュリティパッケージは、銀行やクレジットカード会社などの法人と契約し、カードなどの貴重品を安全に顧客に手渡すサービスだ。転送はしない。日本郵便の郵便書留と似た仕組みだ。

荷物の紛失を避けるため、配送先までの通過した地点を通常の宅配便より細かくチェックしている。受取人不在の場合でも宅配ロッカーなどの利用ができず、再配達のケースも多いという。
このため、従業員側から「通過地点の情報入力などに手間がかかる」などと見直しを求める声が強まっていた。

ヤマトネタ03

出典:
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20170310-OYT1T50013.html

なんかいろいろとサービス低下していきますねぇ…(´・ω・`)
続きを読む