ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    中国


    ロイター 2017年09月16日 06時40分

    ビットコイン3000ドル下抜け後上昇、関係者「中国動向問題視せず」

    仮想通貨ビットコインBTC=BTSPが15日の取引で、一時3000ドルを下抜けたが、直近で約14%高の3699ドルで推移した。

    中国当局の市場取り締まりに対する懸念や、JPモルガン・チェース(JPM.N)のジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)発言などを受け、ビットコインは週間のパフォーマンスで2013年以来の低水準となる公算が大きいとみられている。

    ただ、市場では世界の他地域でも取引所が閉鎖されなければ、売り材料としては不十分との声が聞かれた。

    仮想通貨の分析サイト「クリプトコンペア」創業者、チャールズ・ヘイター氏は「中国の取引量は世界の10%以下なので、(中国の動きは)大きな問題でない」と話した。

    ビットコインネタ108

    出典:
    http://jp.reuters.com/article/markets-bitcoin-bounce-idJPKCN1BQ2WI

    いろいろなネガティブイベント連発で急落するビットコイン。
    とはいえ、ビットコインだけではなく他の仮想通貨も全部同じ動きしてますが…。
    「これなら、一つだけで良いんじゃあ」と思ったり思わなかったり…。

    とはいえ、最高値には遠く及ばないものの、
    一日で急落前の水準ぐらいには戻しましたね。

    今年の7月にもこういう感じのありましたよね(´・ω・`)
    【【仮想通貨 急騰急落劇】ビットコイン3000ドル下抜け後上昇、関係者「中国動向問題視せず」】の続きを読む


    日本経済新聞 2017年09月15日 12時21分

    政府管理ないはずが…ビットコイン急落、中国が翻弄

    ビットコインをはじめとする仮想通貨の価格が下落傾向にある。中国当局が国内の取引所に9月末までの閉鎖を通知したとの14日の現地報道を受けて、15日のビットコインの価格は対ドルで前日に比べ一時的に約2割下がった。仮想通貨全体の時価総額はビットコインが最高値を付けた2日からの約半月で4割下がった

    管理者がいないはずの仮想通貨が皮肉にも中国当局の動きに翻弄されている。

    ■主要な仮想通貨は総崩れ

    「ビットコインが急落した。さようならビットコイン」。14日、「微博(ウェイボ)」などの中国のSNS(交流サイト)では仮想通貨の取引ができなくなることを嘆く投稿が相次いだ。日本でもツイッター上で「ビットコイン暴落しすぎだ」「大変だ」との声が出た。

    中国の取引所大手「BTCチャイナ」が14日付で口座開設の受け付けを終了し、月末であらゆる取引を停止すると発表した。中国メディアの第一財経(電子版)は上海市の金融当局が複数の取引所に9月末までの閉鎖を通知したと報じた。

    仮想通貨の情報サイト、コインマーケットキャップによると、14日は当初、1ビットコイン3800ドル(41万8000円)台で推移していたが、15日午前にかけて一時3100ドル台まで下落した。イーサリアムも2割超、ビットコインキャッシュも3割近く下げた。仮想通貨全体の時価総額は15日午前9時前に1080億ドル(11兆9000億円)程度と、24時間で約25%下げた。2日にビットコインが最高値を付けてから約半月で約4割下げている。

    ビットコインネタ103


    仮想通貨の急落は日本の株式市場にも影響を与えている。日経平均株価の15日午前終値は0.1%高と底堅かったが、新興市場の東証マザース指数は小幅に下げており市場心理を冷やした面がある。子会社が取引所を運営するリミックスは朝方に前日比10%安まで売られる場面があり、取引所の新規運営を予定するセレスも4%近くまで下落した。仮想通貨と新興市場株の投資家は一部で重複し、ビットコインなどの下落が長引けば株式の換金売りが広がる可能性もある。

    仮想通貨の相場はここ半月、中国当局による規制動向などに翻弄されてきた。4日に中国当局が仮想通貨発行による資金調達「新規仮想通貨公開(ICO=イニシャル・コイン・オファリング)」を全面的に禁止した。その後、中国での仮想通貨そのものの取引規制の報道が相次いだほか、米JPモルガン・チェースのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)がビットコインを「詐欺だ」と批判したことなどで下落傾向にあった。

    ■ビットコイン取引、約半数は日本円

    実は世界でビットコインを最も取引しているのは日本人だ。情報サイトのコインヒルズによると、15日時点のビットコインの全取引のうち日本円の占める割合が46%と最も多く、2位の米ドルの28%を大きく突き放す中国はマイナー(採掘者)では世界の過半のシェアを握っているが、人民元の取引は全体の15%にすぎない。仮想通貨の取引所別の取引比率を見ても、日本のビットフライヤーが14%と世界最大となっている。今回の相場急落のきっかけを作った中国のBTCチャイナは1%程度しかない。

    仮想通貨が急騰した今夏には日本で資産を億円単位で増やした「億り人(おくりびと)」が多く誕生した。だが、世間で騒がれるようになってから高値で購入したケースも目立つ。想定外の下落リスクに直面することになった人は少なくないようだ。

    それでも、仮想通貨に期待する人は少なくない。15日のツイッター上では「下がった今が買いだ」「ビットコイン買った!」との声も出ている。15日15時30分時点では1ビットコインは3200ドル台まで値を戻している。中国の微博上でも「ビットコインは国家を超越しグローバルな利用者に認知されているので、有望だと信じている」との声もある。

    「ビットコインって政府が管理しないから良いというメリット語られていなかったっけ」。ツイッター上では、管理者がいないはずの「通貨」が中国では事実上、政府に管理されていることを皮肉交じりで指摘する意見も出た。

    出典:
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15H8M_V10C17A9000000/

    起きたらビックリしたミサイルとビットコインの価格。
    「こんなにのんびりと材料に反応するのか…?」と。

    理想はグローバルな通貨なのに、
    中国の動向で2割も3割も価格が変動するという現実。
    まぁ、そんなもんですかねぇ(´・ω・`)
    【【仮想通貨の理想と現実】政府管理ないはずが…ビットコイン急落、中国が翻弄】の続きを読む


    時事通信社 2017年09月14日 22時22分

    ビットコイン中国、取引停止へ=政府が指示-価格は一時30%急落

    仮想通貨「ビットコイン」を扱う中国3大取引所の一つで、上海市に拠点を置く「ビットコイン中国」は14日、今月末で取引を全面停止すると発表した。同日付で取引口座の新規開設も停止した。中国政府が今月初めに出した通達に基づく措置だという。

    これを受け、同取引所のビットコイン価格は急落。一時30%を超える下げを記録した。

    中国のニュースサイト、第一財経網が上海の金融当局筋の話として報じたところによると、同市はすでに、市内のすべてのビットコイン取引所に対し、今月末までに取引を停止するよう、口頭で命じた

    3大取引所はこのほか、北京市に本拠を置く「火幣(フオビ)」と「OKコイン」。

    中国人民銀行(中央銀行)などの当局は4日、独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開(ICO)」について、「金融秩序を著しく乱している」として即日禁止の緊急措置を講じた。ビットコインは禁じていなかったが、マネーロンダリング(資金洗浄)や違法な海外送金に利用される恐れがあると警戒しており、市場関係者らの間では、規制強化の観測が出ていた。

    一方で「世界的にこれだけ広がったビットコインをいまさら全面禁止とするのは困難」(専門家)との意見もある。中国当局も、ビットコインを支えるシステム「ブロックチェーン」と呼ばれる新技術については、将来性を有望視しているといわれる。取引を規制しながら、規則策定を急ぐ見通しだ。

    ビットコインネタ98

    出典:
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091401194&g=int

    急展開
    「取引を規制しながら、規則策定を急ぐ」ってことは、
    停止が明けるニュースでまた急騰するんでしょうけども…。

    とりあえず材料には素直な値動きするのが仮想通貨なんですねぇ。

    しっかし、ICOのニュースから良いとこありませんね。
    「悪貨は良貨を駆逐する」

    【【仮想通貨急落】3大取引所「ビットコイン中国」取引停止へ=政府が指示-価格は一時30%急落】の続きを読む


    日本経済新聞 2017年09月09日 13時04分

    中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落

    中国のニュースサイト「財新網」は8日、中国の金融当局が仮想通貨の取引所を当面閉じることを決めたと報じた。閉鎖の期間は不明。中国では仮想通貨のほとんどが取引所経由で行われており、一時的な影響が出るのは避けられない。報道を受け仮想通貨は急落し、ビットコインの元建て価格は9日朝に2万3000元台と約2割下げた

    報道によると、ビットコインなどの仮想通貨と人民元の交換を手掛ける取引所が閉鎖の対象になる見通し。閉鎖の方針は、所管する地方の関連部局にすでに伝えられたという。

    当局は仮想通貨の取引増加が違法な資金洗浄や金融詐欺、資金の海外流出につながるものとして警戒を強めていた。年初には仮想通貨の大手取引所の検査に踏み切ったほか、年央にかけては数カ月間、仮想通貨の引き出しを停止していた。

    4日には、企業や団体が仮想通貨を発行して資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁止すると中国人民銀行(中央銀行)が発表した。当局の許可を得ていない違法な資金調達と位置づけ、資金の払い戻しなども求めている。ICOに関わる60社に調査に入るとの観測もある。

    ただ、報道は中国内の仮想通貨の取引をすべて禁じるわけではないとも伝えた。9日も売買を続けている取引所はあり、影響がどの程度広がるかは見通しにくい。

    中国は共産党首脳の人事を入れ替える5年に1度の党大会を控え、金融市場や経済の安定に全力を注いでいる。仮想通貨を巡っては、詐欺などで多額の損失を抱える事例が頻発していただけに、看過できないと判断したとみられる。

    ビットコイン-チャート
    ビットコインネタ86

    出典:
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H19_Z00C17A9NNE000/

    深夜のニュースだったんですよねぇ…。
    てか、金曜深夜の中国のニュース一発で10%以上急落とか、
    仮想通貨トレーダーの人はいったいいつ休めば良いですかね?

    とはいえ、週末出てくる仮想通貨に対する逆風。
    来週の仮想通貨関連はいったいどうなることやら(´・ω・`)

    【【また中国か…】中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落】の続きを読む


    SankeiBiz 2017年09月05日 21時46分

    ビットコインの価格急落 時価総額1・7兆円が吹き飛んだ! 中国政府の規制が引き金

    インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」の価格が急落している。5日の時価総額は過去最高値を付けた2日と比べて一時、約1兆7500億円減少した。中国政府が4日に仮想通貨を使った資金調達を禁止する規制強化を発表し、BTCの需要が減るとの思惑から売り注文が優勢となった。

    米情報サイト運営会社「コインデスク」などによると、2日に初めて1BTC=5千ドル台を付けたが、その後は値下がりが続き、中国政府の発表で一段と下落。日本時間の5日午前に一時4037・50ドルまで下がった。時価総額は2日の約8兆9900億円から約7兆2400億円に約19・4%減った

    中国が規制したのは、企業や個人が独自の仮想通貨を発行して資金を調達する「新規仮想通貨公開」という行為。詐欺が疑われるケースが指摘されていた。

    ビットコイン-1週間チャート
    ビットコインネタ79

    出典:
    http://www.sankeibiz.jp/business/news/170905/bse1709052146009-n1.htm

    高値付けて上抜けしたかなぁ、と思ったら中国さんがやってくれました。
    昨日発表になったICO規制。

    市場でも仮想通貨関連は急落。
    メタップスとか仮想通貨関連の仲間入りした途端悲惨なことに…(´・ω・`)

    ・メタップス (6172)
    メタップスネタ09
    【【仮想通貨危機】ビットコインの価格急落 時価総額1.7兆円が吹き飛んだ!中国政府の規制が引き金】の続きを読む

    このページのトップヘ