ざら速

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で「面白い!」と思ったニュースを更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    レオパレス21

    レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り

    毎日新聞 2019年2月16日 07時58分

    賃貸アパート大手「レオパレス21」(東京都中野区)の物件で施工不良が見つかった問題で、金融庁は物件所有者(オーナー)向けの融資が焦げ付く可能性がどの程度あるのかを把握するため、各金融機関を一斉調査する方針を固めた。レオパレスは補修工事費用や募集保留期間中の空室賃料を補償するとしているが、募集を再開しても、信用失墜で入居者が集まらず、返済が滞りかねないと判断。国土交通省と連携し、施工不良物件の範囲が固まり次第、着手する。融資の審査が適切だったかどうかも調べる

    レオパレスの物件を巡っては、設計図と異なる天井部分の工事を行い、耐火性能が不足するなどの施工不良が、33都府県の1324棟で今月、新たに発覚。改修のため、入居者計1万4443人に転居を促す事態になっている。これらの物件を含め、全3万9085棟の調査を実施中だ。1月28日現在、調査した約1万4000棟のうち、8割以上で何らかの不備が見つかっている。補修工事が終わるまで入居者を募集しないため、今後、空室率が急増する見通しだ。

    レオパレスは、オーナーから賃貸アパートの建築を受注し、完成後に一括で借り上げて転貸する「サブリース」を展開している。オーナーに対しては、空室でも一定の家賃収入を保証しており、毎月支払う家賃の総額は約250億円に上るという。

    金融庁は、入居者の住み替え費用の全額負担や、補修工事費の計上に加え、信用の失墜で経営がさらに悪化する恐れがあると判断。同社と取引するオーナー数や物件数が多いことから、国交省の協力を得ながら、金融機関を通じて返済への影響を早期に見極めることにした。

    ※ガイアの夜明けが発端なんですよね…
    レオパレス07

    出展:

    「融資の審査が適切かどうか」とかまだやってなかったんですねぇ
    そのへんは解決してるのかと思ってました…
    『かぼちゃの馬車』みたいなの出てきたら、と思うと…
    【【次は金融庁】レオパレスの融資実態、一斉調査へ 施工不良問題巡り】の続きを読む

    レオパレス株の売り止まらず…転居問題の混乱警戒

    サンスポ 2019年2月13日 16:13

    13日の東京株式市場で賃貸アパート大手、レオパレス21株の売りが止まらず、株価が3営業日連続で急落した。終値は値幅制限いっぱいのストップ安水準に当たる前日比80円(23・9%)安の255円となった。

    物件の施工不良問題で、入居者への転居要請を巡る混乱と損失の拡大を警戒し、投資家が売り急いだ。

    朝方は取引が成立する場面もあったが、その後は売り注文が買い注文を大幅に上回り、取引が成立しないまま売り気配が続いた。取引終了に伴い、一部の売買成立を認める措置が取られた。

    ・レオパレス21 (8848)
    レオパレス04

    出展:

    「これ以上悪材料は無いハズ」で突っ込んだ人のバケツリレーになってましたね
    「一部の売買成立を認める措置」とかいうと何か凄そうだけど、比例配分ですよね…
    【【レオパレス】3日連続S安 薄い壁ではなく床が抜けたもよう】の続きを読む

    レオパレス株に売り殺到 施工不良で業績懸念

    産経新聞 2019年2月8日 10:20

    8日午前の東京株式市場で、賃貸アパート大手のレオパレス21の株式に売り注文が殺到した。同社の物件に施工不良が見つかり、入居者に転居を要請したと7日に発表したことから、今後の業績に悪影響を及ぼすとの懸念が強まった。

    買いがほとんど入らず、売買が成立しないまま、前日終値の515円を2割近く下回るストップ安水準の売り気配で推移した。

    ※2月8日 大引け
    レオパレス01

    国内証券関係者は「問題は表面化したばかりで、まだ全体像が見えていない」と指摘し、経営の先行きを不安視する売りが膨らんだと分析した。

    出展:


    引越し要請っても引越し業者対応できない状況とか…。
    ホントにどうするんでしょうか…?
    しかし、ネタにしてたレオパレス伝説もここまで本当だったとは…。

    【【売 2600万 vs 買 45万】レオパレス株に売り殺到 施工不良で業績懸念】の続きを読む

    このページのトップヘ