朝日新聞 2017年9月11日18時50分

アマゾン、「海猿」作者と争う姿勢 読み放題で訴訟

インターネット通販大手アマゾンジャパンの電子書籍読み放題サービスから、作品を一方的に削除され、得られる配当が減ったとして、「海猿」などで知られる漫画家の佐藤秀峰さんアマゾン側に約2億円の賠償を求める訴えを起こした。東京地裁で11日、第1回口頭弁論があり、アマゾン側は争う姿勢を示した。

訴状などによると、アマゾンは昨年8月、月額980円で和書12万冊などが読み放題となる「キンドル アンリミテッド」を開始した。利用者のダウンロード数に応じ、書籍を提供した出版社側に利益の半分を配分する仕組みで、ダウンロード数が多い作品には支払額を優遇した。

佐藤さんは昨年8月、自身の会社を通じ、自作の「海猿」「新ブラックジャックによろしく」など約190冊を提供。しかし、1カ月後にアマゾン側から「開始1週間で登録者数が予想を超え、出版社への支払いが想定額を上回った。現条件での継続は難しい」と支払い条件の変更を求められ、拒否すると全作品が削除されたという。

同サービスを巡っては、開始直後から漫画などの人気作品が次々と読み放題の対象から外れ、大手出版社などが抗議する事態となった。裁判についてアマゾン側は「訴訟に関しては一切お答えをいたしかねます」とコメント。佐藤さんは「多くの作家が配信を一方的に停止され影響を受けた」と指摘。「本件に関して真摯(しんし)に対応していく」とコメントした。


出典:
http://www.asahi.com/articles/ASK9C51XNK9CUTIL029.html

前からAmazonと揉めてましたよねぇ。
とうとう訴訟ですか。

まぁ、佐藤秀峰さんもたいがいトラブルメーカーではありますが…(´・ω・`)

続きを読む