ざら速

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で「面白い!」と思ったニュースを更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    アキュセラ

    サンバイオ株、個人に傷痕(市場点描)

    日経新聞 2019年2月7日 16:37

    新薬の治験の不調を受けて株価が急落したサンバイオが個人投資家に傷痕を残している。
    大手ネット証券5社に聞き取ったところ、同社株を保有していた個人投資家には5社合計で35億円の信用取引の追加担保差し入れ義務(追い証)が発生した。
    この大半がサンバイオ株の急落で発生したとみられる。

    サンバイオ株は4日まで4営業日連続で制限値幅の下限(ストップ安)水準まで下落した。
    5日も3割下げ、6日にようやく反発した。5日までの5日間の下落率は78%に達した。

    ※5日間の下落率が78%
    サンバイオネタ04

    ストップ安になった4日間は売り注文が買い注文を大きく上回り、取引終了時の配分でわずかな株数だけ売買が成立した。
    大半の投資家は思うように保有株を売却できず、含み損の拡大に打つ手がなかった。
    投資家の中には1億円を超える追い証が発生した人もいたという。

    2016年には同じ創薬ベンチャーのアキュセラ・インク(現窪田製薬ホールディングス)株が連日のストップ安を演じ、多額の追い証が発生。
    回収しきれず損失を計上した証券会社も出た。
    派手な急落劇が繰り返されたものの「バイオ株に投資する際には情報をよく吟味してもらうしかない」(ネット証券)との声が漏れる。

    出展:
    https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41011490X00C19A2EN2000/

    諸行無常ですねぇ…
    急落するまでは「サンバイオにあらずんば」状態でしたし

    まぁ、身の丈にあった投資をしなきゃということですね…
    【【追証1億円の投資家も】サンバイオ株、個人に傷痕 5日間の下落率は78%】の続きを読む


    Business Journal 2017年07月05日

    ホリエモン「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛?
    10年以上前の「因縁戦争」終わらず?

    実業家の堀江貴文氏が、経済アプリ「News Picks」で「ある人物」を糾弾し、大きな反響を呼んでいる。

    堀江氏が噛み付いたのは、SBIホールディングスの北尾吉孝社長。証券業界の超有名人だが、3日、そんな北尾氏が「週刊現代」(講談社)のインタビューを受け、自身の経営哲学を披露した記事がネット上にUPされた。その内容を読んだ堀江氏が苦言を呈しているというわけだ。

    北尾氏はこれまで幾度も「論語」や哲学を重要視し、自身の生き方や経営手腕に活かしていると語っている。このインタビューでも哲学者・森信三氏や論語の話を持ち出し、孫正義氏との出会いや、経営者が事業をする上では「倫理的価値観」が重要と語っている。古きを知り新しきを......ではないが、人格者然とした内容である。

    ところが、堀江氏の同アプリ内でのコメントは辛らつ極まるものだった。何せ出だしから
    ほんとマジこいつクソ
    である。

    堀江氏は「自分が一番倫理観ねーくせに、論語だの哲学だの表向きのカッコつけばっか」と続け、自身と北尾氏にまつわる"因縁の過去"を披露した。

    堀江氏がまだライブドア社長時代、積極的に「株式分割」を行っていた頃、北尾氏から「お互いに5%増資して株を持ち合い、株価が上がったらお互い売ってファンドを作ろう」と持ちかけられたという。堀江氏はスルーしていたが、翌2005年ライブドアのニッポン放送買収騒動の際、今度は北尾氏がニッポン放送側の「ホワイトナイト」として登場。ライブドアの買収を阻止すべく登場した。北尾氏の一般的な知名度が一気に上がった瞬間でもある。

    北尾氏はホワイトナイトになった際「(ライブドアは)株式市場の清冽な水を汚した」「(社会の役に立とうする孫正義氏とは異なり)堀江君は自分のためという意識が強すぎる」と糾弾。堀江氏も今回のコメントで当時の発言を掘り起こしていた。

    その後、ライブドア事件や裁判から収監、2013年釈放と激動の日々を歩んだ堀江氏。実は釈放されてから半年ほど経過し、とある映画イベントに参加した際にも、北尾氏に対しこう発言している。

    イベントでその映画のテーマでもある「汚い」に関する質問をされた際、堀江氏は過去に対立のあった某証券会社社長を名前こそ出さなかったものの匿名で挙げ、「人をあまり嫌いにならないのに彼ぐらいでしたよ。嫌いなのは。本当に汚い人です」と批判。そして、今回と同様株式分割時の内容に加え「一時期、彼にガンガンやられた(攻撃された)でしょ。攻撃されても、清らかな証券市場を汚しやがってと反対に思っていました」と発言。中身からして北尾氏で間違いないだろう。

    今回の「News Picks」内で堀江氏は「こいつマジサイコパスなんじゃね?」「こいつを尊敬してるとか言ってるやつ全員頭おかしい」と完全に"悪口モード"全開。普段はあまりやらないコメント欄での「追記」も行い、「やってる事と言ってる事が矛盾してないんなら剛腕経営者として評価するよ。でもそうじゃないからカス」と最後まで辛らつだ。

    堀江氏としてもよほど許せない存在なのかもしれない。これを見た一般ユーザーからも「ホリエモンのコメントww」「堀江さんのコメントで一気に胡散臭く見えてしまった」「証券マンとかは裏表激しいかも」など、堀江氏のコメントに同調する人も多いようだ。Like数(いいね!のようなもの)も1600を超えている。

    無論、北尾氏がSBIホールディングスという巨大グループを作り上げた功労者で、ソフトバンクそのものや孫正義氏の前進にも一役買った大物。堀江氏はあくまでも過去の因縁と北尾氏の美辞麗句を糾弾したかっただけだろう。

    ホリエモンネタ05
    https://newspicks.com/news/2342495?ref=user_100616

    出典:
    http://biz-journal.jp/gj/2017/07/post_3769.html

    この記事に対する批判ですね。

    まぁ、どっちもどっちという気もしますが…(´・ω・`)

    【【ホリエモン】「マジこいつクソ」とSBI社長・北尾吉孝氏を糾弾に称賛?10年以上前の「因縁戦争」終わらず?】の続きを読む

    このページのトップヘ