ざら速

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で「面白い!」と思ったニュースを更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    2017年09月の市況まとめ


    日本経済新聞 2017年09月09日 13時04分

    中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落

    中国のニュースサイト「財新網」は8日、中国の金融当局が仮想通貨の取引所を当面閉じることを決めたと報じた。閉鎖の期間は不明。中国では仮想通貨のほとんどが取引所経由で行われており、一時的な影響が出るのは避けられない。報道を受け仮想通貨は急落し、ビットコインの元建て価格は9日朝に2万3000元台と約2割下げた

    報道によると、ビットコインなどの仮想通貨と人民元の交換を手掛ける取引所が閉鎖の対象になる見通し。閉鎖の方針は、所管する地方の関連部局にすでに伝えられたという。

    当局は仮想通貨の取引増加が違法な資金洗浄や金融詐欺、資金の海外流出につながるものとして警戒を強めていた。年初には仮想通貨の大手取引所の検査に踏み切ったほか、年央にかけては数カ月間、仮想通貨の引き出しを停止していた。

    4日には、企業や団体が仮想通貨を発行して資金を集めるICO(イニシャル・コイン・オファリング)を禁止すると中国人民銀行(中央銀行)が発表した。当局の許可を得ていない違法な資金調達と位置づけ、資金の払い戻しなども求めている。ICOに関わる60社に調査に入るとの観測もある。

    ただ、報道は中国内の仮想通貨の取引をすべて禁じるわけではないとも伝えた。9日も売買を続けている取引所はあり、影響がどの程度広がるかは見通しにくい。

    中国は共産党首脳の人事を入れ替える5年に1度の党大会を控え、金融市場や経済の安定に全力を注いでいる。仮想通貨を巡っては、詐欺などで多額の損失を抱える事例が頻発していただけに、看過できないと判断したとみられる。

    ビットコイン-チャート
    ビットコインネタ86

    出典:
    https://www.nikkei.com/article/DGXLASGM09H19_Z00C17A9NNE000/

    深夜のニュースだったんですよねぇ…。
    てか、金曜深夜の中国のニュース一発で10%以上急落とか、
    仮想通貨トレーダーの人はいったいいつ休めば良いですかね?

    とはいえ、週末出てくる仮想通貨に対する逆風。
    来週の仮想通貨関連はいったいどうなることやら(´・ω・`)

    【【また中国か…】中国、仮想通貨取引所を当面閉鎖 ビットコイン急落】の続きを読む


    FNN 2017年09年09日 00時44分

    清水建設 不正取引認め公表

    福島第1原発の廃炉に向けた工事で、清水建設の共同企業体「JV」の所長が、作業員の人数を水増しし、架空請求した疑いがあることが、FNNの取材でわかった問題で、清水建設が不正取引を認め、公表した。

    清水建設の社員でJV所長は、東京電力から請け負った福島第1原発工事の作業報告書に、作業員の人数を水増しし、架空請求した疑いがあることが、FNNの取材でわかっている。

    清水建設は8日夜、弁護士による調査結果を公表し、「所長と下請け業者が、不正取引を行い、およそ3,900万円の損害が発生している」として、不正取引の事実を認めた

    清水建設は今後、法的措置も視野に入れた対応を行うとしている。

    また清水建設は、この所長が8日未明に死亡したことも明らかにした

    出典:
    http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00369901.html

    清水建設は「謝罪」でなく「公表」なんですね。
    あくまで被害者の立場というわけです。

    なぜか不正請求してた所長さんは
    都合よく(?)公表の前日に亡くなったみたいですが…(´・ω・`)

    クリリン(コナン)
    【【清水建設 不正請求問題】不正取引認め公表 水増し請求をした所長はなぜか8日未明に死亡】の続きを読む


    NHK NEWS WEB 2017年09月08日 17時46分

    “警察官の前で白い粉” 偽計業務妨害の疑いで夫婦を逮捕

    福井市で、警察官の目の前に白い粉が入った袋をわざと落として覚醒剤と勘違いさせたうえ逃走し、パトカーなどを出動させる騒ぎを起こしたとして、31歳の男とその妻が、偽計業務妨害の疑いで警察に逮捕されました。騒ぎの様子を撮影した動画はインターネット上に投稿され、批判の声が上がっていました。
    逮捕されたのは、福井県越前市に住む自称・広告業の西坂大治容疑者(31)と妻の美那容疑者(28)です。

    警察の調べによりますと、西坂容疑者は先月26日、福井市の交番の近くで警察官の目の前に白い粉が入った袋をわざと落として覚醒剤と勘違いさせたうえ逃走し、捜査員やパトカーを出動させる騒ぎを起こしたとして、偽計業務妨害の疑いが持たれています

    妻の美那容疑者も警察官が追いかける様子を撮影していたとして、同じ容疑で逮捕されましたが、この動画はインターネットの動画投稿サイト「ユーチューブ」に投稿され130万回以上再生されていて、「度がすぎている」などと批判の声が上がっていました。

    当時、西坂容疑者は200メートル近く逃げたあと、警察官に取り押さえられましたが、白い粉が覚醒剤ではないことがわかったため、いったん解放され、警察が事情を聴くなどして捜査を進めていました。

    警察によりますと、2人はいずれも容疑を認めているということで、警察が動機や詳しいいきさつを調べています。

    出典:
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170908/k10011132131000.html

    なにかと話題のYouTuberネタ。
    度が過ぎると逮捕もあるということで。

    とはいえ、発砲されるとか思わなかったのかなぁ…。
    そうなっても喜んで動画アップしたのかもしれませんが…(´・ω・`)

    【【YouTuber逮捕】“警察官の前で白い粉”偽計業務妨害の疑いで夫婦を逮捕】の続きを読む


    産経WEST 2017年09月07日 09時59分

    海賊版閲覧に誘導「リーチサイト」巡り家宅捜索…実質的に著作権を侵害していると問題視

    違法にコピーされた漫画や書籍の海賊版が掲載されているサイトを紹介し、利用者を誘導する「リーチサイト」について、大阪府警などが、著作権法違反容疑で、大阪府内などにあるサイト運営者の関係先を家宅捜索したことが7日、捜査関係者への取材でわかった。関係者からも任意で事情を聴いており、立件の可否を検討している。

    捜査関係者によると、捜索を受けたのは、国内最大規模とされたリーチサイト「はるか夢の址(あと)」の運営者の関係先。捜索は7月に行われ、パソコンやスマートフォンなどを押収した。

    AS20170907000927_commL

    府警などは、押収品の解析を進めるとともに、関係者からも任意で事情を聴き、運営実態や海賊版を掲載しているサイトとの関係性などを詳しく調べる。同サイトは家宅捜索後、閉鎖された。

    リーチサイトは、漫画の単行本や漫画雑誌などの海賊版ファイルをアップロードしている他サイトのリンクを集めて掲載。実質的に著作権を侵害しているとして文化庁や業界団体が問題視してきたが、海賊版を直接アップしているわけではないため、取り締まりが難しいとされてきた

    出典:
    http://www.sankei.com/west/news/170907/wst1709070040-n1.html

    昨日の早バレサイトに加えて、
    ダウンロードリンク先を貼ってるリーチサイトまで家宅捜索。
    そろそろ本気で取り締まってくるんですかねぇ。

    とはいえ、立件の可否は検討中とのことですが(´・ω・`)

    【【違法漫画配信】海賊版閲覧に誘導「リーチサイト」巡り家宅捜索…実質的に著作権を侵害していると問題視】の続きを読む


    時事ドットコム 2017年09月06日 17時33分

    訪朝のアントニオ猪木氏「交流が必要」

    北朝鮮を訪問するアントニオ猪木参院議員は6日午後、経由地の中国・北京に到着した。猪木氏は空港で記者団に対し、「交流や話し合いをせず、圧力だけでは効果がない。私はスポーツ交流を基本にやっている」と述べた。

    7日に北京から平壌へ出発し、11日に帰国する予定で、滞在中は朝鮮労働党幹部ら要人との会談を調整している。猪木氏は、北朝鮮側に何を伝えるかについて問われ、「表で言えない政治の世界がある」と具体的な言及を避けた

    猪木氏は北朝鮮から9日の建国記念日に合わせて招待を受けた。昨年も同時期に訪朝し、滞在中に5回目の核実験が行われた

    0170906at35_p
    6日、北京に到着したアントニオ猪木参院議員

    出典:
    https://www.jiji.com/jc/article?k=2017090600973&g=prk

    「何しに行くの?」と…。
    前回の訪朝中に核実験起きてるのかよ(´・ω・`)
    【【元気ですか~?】訪朝のアントニオ猪木氏「交流が必要」】の続きを読む

    このページのトップヘ