ざら速 (ザラ場速報)

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で自分が面白いと思った情報を更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    2017年03月の市況まとめ


    日本経済新聞 2017年03月28日 18時56分

    ニトリHD会長、為替相場「今年の秋冬は円高になる」

    ニトリホールディングス(9843)の似鳥昭雄会長は28日の決算記者会見で、米国経済の変調を背景に「今年の秋から冬には円高になる」との見方を示した。

    水準としては1ドル=95~105円程度と予想した。

    その上で「そのときに来年、再来年の為替予約をしたら良いのではないか。今焦って予約することは考えていない」と述べた。
    2018年2月期は1ドル=103円台で為替予約をしているという。

    ニトリネタ00

    出典:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASFL28HT3_Y7A320C1000000/

    ニトリの会長の相場観凄いらしいですもんねぇ…(´・ω・`)
    【【1ドル95円も…】ニトリHD会長、為替相場「今年の秋冬は円高になる」】の続きを読む


    WEDGE Infinity 2017年03月20日

    東証は日本最大のカジノか?

    カジノ法案が通りました。日本にも、本格的なカジノができるのでしょう。カジノというと、バクチだと言う人がいます。バクチなら競輪や競馬やパチンコと同じではないか、という人もいます。しかし、それを言うなら、東証が日本最大のカジノかもしれません。今回は、株式投資がバクチなのか否かについて、考えてみましょう。

    ルーレットの赤黒と株式投資の損得

    ルーレットで、赤が出るか出ないかは、全くの偶然です。実はディーラーは赤を出すか否かコントロールできているという噂もありますが、仮にそうだとしても、顧客の立場で見れば偶然だ、ということが重要なのです。ディーラーがイカサマをしていない、ということが大前提ですが。そこで、赤に賭けるのはバクチ(賭博とも呼びます)だと言われます。

    では、株式投資はどうでしょうか? 今日株を買って、明日売るとします。株価が上がるか下がるかは、偶然でしょうか? 偶然ですね。それは、株価の短期的な値動きのメカニズムを考えればわかります。今日から明日にかけて、株価が上がったとします。それは、投資家たちが「株価は値上がりするだろうから、買い注文を出して他の投資家よりも先に買おう」と考えるからです。投資家たちがそう考える理由は、ニュースが流れたり、噂が流れたりするからでしょう。

    「天気が良いので気分が良くなって買い注文を出した」という投資家が多くても株価は値上がりしますが(笑)。

    問題は、今日の時点では、明日の投資家が買い注文を出すか否かが分からない、ということです。「今晩、良いニュースが流れるだろう」ということを予想出来る人がいれば、それは予言者です。もちろん、当事者で、秘密の情報を知っている人もいるでしょうが、そうした人が株の売買をしたとすれば、インサイダー取引として処罰されてしまうでしょう。あるいは、自分で株価の上がりそうな噂を流すこともできますが、そんなことをしたら相場操縦の罪で、やはり処罰されてしまうでしょう。つまり、投資家たちは、明日の株価が上がるか否か、今日の時点では知り得ないので、株式に投資することは「ルーレットで赤が出る方に賭ける」のと本質的に同じだ、ということになります。

    ちなみに、カジノと同様、こうした株式投資の期待値はマイナスです。カジノでは、ルーレットの赤に賭けると、当たれば2倍になりますが、当たる確率は50%より若干低い(0と00は、赤でも黒でも無いから)ので、期待値はマイナスです。株式投資も、勝ち負けの確率が五分五分だとすると、証券会社の手数料や税金の分だけ期待値はマイナスになります。

    「自分は才能があるから、勝率は5割以上だ」という人もいるかもしれません。デイトレーダーと呼ばれる人の中には、相場の流れを他の投資家より素早く読み、短期売買で利益を稼いでいる人もいるようです。そうした人についてもバクチだと考えるべきか否かは微妙ですが、「麻雀がとても強くて賭け麻雀の勝率が9割だ」という人でも賭博罪で捕まりますから、腕利きのデイトレーダーもバクチだと考えて良いでしょう。刑法の賭博罪には当たりませんが(笑)。

    東証全景DSC_0550

    続き:
    http://wedge.ismedia.jp/articles/-/9151

    まぁ、短期なんてだいたい博打だと思っています(´・ω・`)
    【【前向きに読み解く経済の裏側】東証は日本最大のカジノか?】の続きを読む


    日本経済新聞 2017年03月21日 7時23分

    世界の富豪、最多2043人 日本人トップは孫正義氏
    米フォーブス誌の長者番付


    米経済誌フォーブスが20日発表した2017年の世界長者番付によると、資産が10億ドル(約1125億円)を超える富豪は前年比13%増の2043人と、史上初めて2千人の大台に乗った。株価の上昇などが背景にある。ソフトバンクグループの孫正義社長(資産総額212億ドル)が34位と、3年ぶりに日本人のトップとなった。

    全体では、米マイクロソフト創業者のビル・ゲイツ氏(860億ドル)が4年連続の首位だった。2位は米著名投資家のウォーレン・バフェット氏(756億ドル)。前年5位だったアマゾン・ドット・コム創業者のジェフ・ベゾス氏(728億ドル)が3位に上昇した。

    ベゾス氏はアマゾン株の上昇で資産が前年比276億ドル増え「過去1年で最も資産を増やした富豪」となった。不動産業で財をなしたトランプ米大統領(35億ドル)は544位。日本人2位は前年トップだったファーストリテイリングの柳井正会長兼社長(159億ドル)で全体では60位だった。

    国別富豪数は米国(565人)、中国(319人)、ドイツ(114人)、インド(101人)の順で、日本は33人。中国からは新たに76人がリストに加わり、富裕層の拡大が続いていることが明らかになった。

    孫正義00

    出典:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASGN21H0K_R20C17A3000000/

    髪が薄くても、お金が欲しいです(´;ω;`)
    【【髪は無くとも金はある】世界の富豪、最多2043人 日本人トップは孫正義氏】の続きを読む


    ロイター 2017年03月14日 14時31分

    自民特命チームが「教育国債」有力視、5-10兆円案も

    教育無償化」について議論している自民党特命チームは、恒久財源の検討対象として教育国債と税制改正、消費税拡大、こども保険の4つの案に意見集約していることがわかった。

    この中で、教育国債が最も現実的な手法との意見が多数となっており、実行に移す際に「無利子非課税」や相続税と相殺できる設計にするアイデアも浮上。幼児教育から大学までの無償化に未来投資の観点から、年間5─10兆円規模を念頭におく意見が出ている。

    <公的教育支出のGDP比、OECDで27番目>

    教育費の「無償化」は、義務教育の公立学校以外で実現していない。経済協力開発機構(OECD)によると、2013年の日本の公的教育支出の国内総生産(GDP)比率は4.5%と34カ国の中で27番目。加盟国平均の5.2%をかなり下回っている。

    安倍政権は、経済財政運営方針を定める今年の「骨太方針」の中に、教育無償化の財源確保を盛り込む方向で調整を始めている。

    自民党の教育再生本部(本部長・桜田義孝衆院議員)の「恒久的な教育財源確保に関する特命チーム」において、今年1月から馳浩・前文部科学相を中心に財務省の関係部局や文部科学省、内閣府などのスタッフも出席し、検討を進めてきた。

    議論中の課題について馳・前文部科学相は、1)無償化のための恒久財源が必要であることの論拠、2)財源確保の方法、3)無償化対象の洗い出し、4)給付方法として家計への直接給付か教育機関への給付か──を挙げた。

    財源の規模は、無償化の対象によって大きく振れるため、同チーム内での意見集約は進んでいない。

    school

    続き:
    http://jp.reuters.com/article/ldp-educationbond-idJPKBN16L0F6

    いや、教育に金かけるのは良いと思うんです。
    けど、まったく勉強をしない子たちに同等に金をかけるのもどうかと思うんですよ…(´・ω・`)

    【【教育無償化】恒久財源の検討対象として税制改正、消費税拡大等】の続きを読む


    NHK NEWS WEB 2017年03月14日 16時20分

    東芝の株式を監理銘柄に指定 上場維持するか最終的な審査に

    東京証券取引所は、経営再建中の東芝の株式について、上場を維持するかどうかを最終的に審査する段階に入ることから、投資家に注意を呼びかけるため監理銘柄に指定すると発表しました。
    東京証券取引所は、おととし9月に不正会計の問題が発覚した東芝の株式を特設注意市場銘柄に指定していて、今後の審査で、再発防止に向けた取り組みが十分だと判断した場合は上場を維持する一方、不十分だと判断した場合は上場を廃止する方針です。

    東証は、去年9月に東芝が提出した再発防止策などを報告する確認書をもとに審査を進めていましたが、そのさなかに、東芝の子会社で別の不正会計が発覚したため、確認書の再提出を求めています。

    東芝は、確認書を15日に再提出する方針で、これを受けて東証は、東芝の株式の上場を維持するかどうか、最終的に審査する段階に入ります。

    このため東証は、東芝の株式について、投資家に上場廃止のおそれがあると注意を呼びかけるため、15日から監理銘柄に指定すると発表しました。

    東証は、東芝の事業所の現地調査も行ったうえで、数か月後をめどに東芝の株式の上場を維持するか廃止するかを最終的に判断することになります。

    東芝ネタ59

    続き:
    https://www3.nhk.or.jp/news/html/20170314/k10010910861000.html

    いろいろと東芝な一日でした(´・ω・`)

    ・東芝 (6502)
    東芝ネタ60

    決算発表延期で、GDするも、「新生東芝」発表で買い殺到。
    東芝のIRは「市場ちょろい」って思ってることでしょう( ^ω^)

    そりゃホリエモンも怒りますわ。
    【【東芝問題】株式を監理銘柄に指定 上場維持するか最終的な審査に】の続きを読む

    このページのトップヘ