ざら速 (ザラ場速報)

2ch「市況1」板の銘柄別まとめサイト『ざら速』です。
16:00時点での勢い上位10銘柄+その日話題になった銘柄をまとめています。
当日のザラ場(8:00~)の雰囲気をお楽しみください。

投資家ネタ

【バフェット氏との昼食権オークション】開始2分で100万ドル(約1.1億円)の入札


ロイター 2017年06月06日 12時12分

バフェット氏との昼食権オークション、開始2分で100万ドルの入札

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏と昼食を共にする権利のオンラインオークションが4日夜に始まり、早々に100万ドル(約1.1億円)の入札がある快調な滑り出しとなった。

現地時間5日午後1時(1700GMT、日本時間6日午前2時)時点で最高入札額は100万ドルで、この価格はオークション開始2分以内に付けられた。

オークションは9日午後10時半(10日0230GMT、日本時間午前11時半)に締め切られる。価格はしばしば締切直前に跳ね上がる。

オークションの収益は、サンフランシスコのテンダーロイン地区でホームレスや貧困者を支援するグライド基金に寄付される。

これまで17年間行われたオークションで、合わせて2360万ドルの資金を集めた。昨年の落札額は、最高額となった2012年とタイ記録の345万6789ドル。落札した女性は匿名を希望した。

このオークションは、2004年に死去したバフェット氏の妻の発案で始められ、落札者は、ニューヨークのステーキハウス「スミス・アンド・ウォーレンスキー」でバフェット氏と一緒に昼食を取ることができる。最高7人の同伴者を連れてくることができ、バフェット氏が次はどこに投資するかのテーマ以外、どんな話題も可能という。

CS3X25QUsAEpaSR

出典:
http://jp.reuters.com/article/buffett-idJPKBN18X08M

私との昼食権も100万ドルで入札してくれませんかね…。
いや、飯奢ってくれるだけでどこでも行きます(´・ω・`)

続きを読む

【バフェット氏】ヘッジファンド批判「ドブに捨てるようなもの」


ZUU ONLINE 2017年03月12日

バフェット氏のヘッジファンド批判「ドブに捨てるようなもの」

「オマハの賢人」との異名をとる、世界最大の米投資会社バークシャー・ハサウェイの最高経営責任者(CEO)のウォーレン・バフェット氏(86)は2月25日、同社株主に宛てた毎年恒例の書簡を公表し、「大したリターンも生み出さないのに、手数料だけはバカ高いヘッジファンド」に対する猛批判を展開して、注目された。

バフェット氏の不満とは何か。その不満は、的確なのか。米メディアは、どう論評しているのか。探ってみよう。

ヘッジファンド批判の背景

バフェット氏が、なぜヘッジファンドを非難したのか理解するためには、同氏がバークシャー・ハサウェイの株主に対する書簡で、米経済の現状や投資を取り巻く環境に関して、どのような見解を示したかを知る必要がある。

まずバフェット氏は書簡のなかで、例年通り、米国と米経済に対する強い信頼感を表明した。同氏は、「米国人は人間の知恵や市場システム、才能ある野心的な移民の流入、法の原則を融合させることで、祖先の夢を超えるほどの豊かさを実現した」と述べ、市場原理や法の支配に挑戦するトランプ政権への間接的な批判を展開するとともに、米市場のシステムは、一政権の「改革」の動きでは揺るがないとも示唆した。

また、「バークシャー・ハサウェイが市場で売買できる証券を、全て永久に保有すると約束したことは、一度もない」とする一方、従来通り、社会のインフラ化している優良企業株を長期保有する基本方針に変更がないことを確認し、「私の目が黒いうちは売るつもりのない株式を、弊社が保有していることは事実だ」と言明した。

バフェット氏はさらに、市場平均と同程度の運用成績を目標とした投資スタイルであるパッシブ運用が、一般投資家には向いているとの従来からの見解を改めて表明。

バークシャー・ハサウェイの運用戦略も、そうした低コストで質素な「インデックス投資」に沿っており、「他の運用戦略よりも、はるかに良い選択肢だ」と述べた。

ヘッジファンド成績を上回るインデックス投資

そしてバフェット氏は、インデックス投資の草分けである米投資運用大手バンガード・グループの創設者、ジャック・ボイル氏を次のように称賛した。

「ジャックは当初、業界の笑いものだった。だが今日では、何百万の投資家に、他の投資手法よりはるかに優れたリターンと手数料の節約をもたらしたことで、満足しているだろう。彼は、それらの益を被った投資家たちと私にとってのヒーローだ」と、手放しの称賛を送った。

その文脈で出たのが、ヘッジファンド批判だ。バフェット氏は書簡のなかで、「我々は、2007年、『10年越しで、パッシブ運用と、ヘッジファンドなどが採用するアクティブ運用のどちらが優れているか』という投資手法の賭けを、『ヘッジファンドに投資するファンド』のプロテジェ・パートナーズと始めた。

私は、手数料の低いインデックス投資ファンドが、向こう10年間のリターンでヘッジファンドを上回ると見て、S&P500種指数連動ファンドを買い、ヘッジファンドを売る100万ドルのポジションを構築した」と回顧した。

なお、この賭けは、収益を慈善団体に寄付する目的で、バフェット氏とプロテジェ・パートナーズが合意して始めた「慈善ギャンブル」である。

バフェット氏は、こう指摘する。「私と反対の相場観を持っていたプロテジェ・パートナーズはヘッジファンドへの投資に特化した5つの投資ファンドに資金を投入した。今年末の期限まであと1年を切った今、100万ドルの元手から、彼らは手数料支払い後22万ドルの利益を生み出したが、我々は85万4000ドルものリターンを叩き出した。2007年以来で比べれば、現時点でこの5つのファンドのうちS&P500種指数連動ファンドを上回っているものは一つもない」。

こうしたことからバフェット氏は、「私が勝利を収めることは、もう確実だ」と宣言した。

そして、「過去10年間で、投資家たちは手数料が高く、リターンの低いヘッジファンドに対する手数料の支払いで、推定1000億ドルをどぶに捨てた」とこき下ろしたのである。

質素な生活を送るバフェット氏は、「そうした浪費は、金持ちが贅沢なライフスタイルを維持するため行う非効率的な投資の代償だ」と手厳しい。

ただしバフェット氏は、「(小さな元手を大きくすることを称賛するたとえ話に富む)聖書的な観点から言えば、バークシャー・ハサウェイに大きな利益をもたらしさえすれば、私は喜んでファンドに巨額の手数料を払う」と付け加えることも、忘れなかった。

shutterstock_353934110-2

出典:
https://zuuonline.com/archives/142617

まぁ、勝ててるならどちらでも良いです…(´・ω・`)

パッシブ運用 or アクティブ運用
続きを読む

【保有時価総額 約2兆円】バフェット氏、アップル株保有2倍に 第5位株主規模


日経新聞 2017年02月28日 10時16分

バフェット氏、アップル株保有2倍に 第5位株主規模

米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏は27日、米経済テレビCNBCに出演し、アップル株の保有分を昨年末比で2倍あまりに増やしたことを明らかにした。同氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイによる保有時価総額は約180億ドル(約2兆円)にのぼり、アップルの第5位株主となる規模だ。

バークシャーが25日に発表した年次報告書では、昨年末時点でアップル株を約6100万株保有していた。バフェット氏は今年も株を買い増し、保有株数は1億3300万株になったと説明。QUICK・ファクトセットによるとアップル株の約2.5%に当たる。

バフェット氏は「アップル製品は利用者の定着性が高い」などと評価。アップルのティム・クック最高経営責任者(CEO)についても「資本の使い方が賢明」と積極的な株主還元策に好感を示した。ハイテク株への投資を「理解できない物には投資しない」と避けてきたバフェット氏の投資姿勢も変化している。

株式の追加購入は1月に実施した。1月31日のアップルの決算発表以降は、株価が割安と判断する水準を超えたため購入を控えているという。アップルは決算発表以降、主力のスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の販売が再加速するとの思惑から株価が上昇している。

eab06f989f899a2b90a7a93fde6da85c (1)

出典:
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM28H18_Y7A220C1EAF000/

保有時価総額2兆円ヽ(・ω・)/スゴー
続きを読む

【トランプ相場】 松居一代「かなりのお金をロシアに投資」明かす 夫・船越の不在は「用事があってハワイに」と強調


exciteニュース 2017年1月3日17時40分

松居一代「かなりのお金をロシアに投資」明かす 夫・船越の不在は「用事があってハワイに」と強調

2016年の松居一代は夫で俳優の船越英一郎との離婚問題が報じられたり、ドナルド・トランプ米次期大統領に関連する投資で50億円を儲けたと噂されたりと、嵐のような1年であった。いくら彼女が「船越は衣装部屋を借りているだけ」と弁明しても、「数年前から別居状態」「離婚秒読み」と繰り返し報じられ、大変な精神的ショックを受けていたそうだ。

着替え忘れてパジャマのままで外出するほど、松居一代の師走は多忙だった。そんな彼女も大晦日の午後はゆっくり過ごすのが“松居流”ということで、午前中は家の掃除と土地のお清め。ブログには宅急便の配達員に撮ってもらったという、2台の愛車もしっかり洗車している松居の姿が紹介されている。午後は知人らと都内ホテルの中華ランチへ。そのメンバーの中には先日財布を忘れて法務局へ出向いた際、お金を貸してくれた一般の女性の方の姿もあった。彼女とはランチの後、一緒にお風呂にも入ったという。

12月31日のオフシャルブログによると松居が体を清めた後、深川のお不動様で今年最後の護摩供養をし、手を合わせて1年を振り返ったという。昨年は泣き暮らしたこともあったという辛い一年だったようだが、11月にブログを始めてからたくさんの応援と励ましの言葉をもらい、「笑顔で大晦日を迎えることができた」とファンに向けて感謝の言葉を綴っている。

さて大事な年越しに夫である船越英一郎の気配が、ブログから全く感じられない。その理由を「こちらからマスコミの皆さまへ」と題し、“用事があって、夫はすでにハワイへ出かけています”とのこと。

さらに1月2日に更新されたブログでは、「かなりのお金をロシアに投資してるからね。なにがなんでもプーチン様に頑張ってもらわないとあたしゃ・・・困るんだ」(原文ママ)と今年も積極的に投資活動を行っていく意気込みを見せている。

還暦を迎える2017年も“怖いもん無し”の松居一代の勢いはとどまりそうにない。

出典:
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20170102/Techinsight_20170102_334303.html

トランプ相場で50億儲けたとかホントかよ!?
とか思っちゃう俺は心が貧しいんですかねぇ…(´・ω・`)

続きを読む
ざら速
勝てないデイトレーダーやってます。 相場に関係しそうなニュースを常時呟いてます。 相互リンク等の依頼もtwitterでご連絡ください。
株価確変中のマネパ






最新コメント
スポンサーリンク
祝上場!ヒロセ通商!
スポンサードリンク

カテゴリ別アーカイブ






RSSヘッドライン
証券コードでの検索が便利
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気ブログランキング













公式ツイッター
  • ライブドアブログ