ざら速

投資に関するニュースや情報のまとめサイト『ざら速』です。
株式やFX、仮想通貨で「面白い!」と思ったニュースを更新。
現在は「増担解除予報」を毎日更新中です。

    2017年01月の市況まとめ


    YOMIURI ONLINE 2017年01月21日 18時50分

    「ツイッター好きでないが対抗手段」トランプ氏

    トランプ新大統領は、米国の大手メディアへの敵対姿勢を強めている。

    「米NBCテレビは偏向しており、ほとんど信用できない

    トランプ氏は18日、ツイッターで改めてメディア批判を展開した。同日放送のFOXニュースのインタビューでは「ツイッターは本当は好きではないが、ウソばかり報道するメディアへの唯一の対抗手段だ」と語り、大統領就任後もツイッターでの個人的な発信を続ける意向を示した。

    メディアに対するトランプ氏の警戒感は強い。予期せぬ質問に答えなければならない記者会見は、大統領選中の昨年7月を最後に半年近く開かなかった。ようやく行った今月11日の記者会見では、ロシアの情報機関がトランプ氏の弱みを握った可能性があると報道した米CNNテレビの記者を「君の会社は最悪だ」などと罵倒し、敵意をむき出しにした

    トランプネタ12

    出典:
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20170120-OYT1T50091.html

    ホントかよ\(^o^)/ 【【トランプ大統領】「ツイッター好きでないが対抗手段」】の続きを読む


    Business Journal 2017年01月21日 6時0分

    「完全なる子会社」シャープ、鴻海の世界的躍進のために「意のままに」利用される

    (前略)

    ▼鴻海がシャープを買収した本当の理由

    鴻海はなぜ、シャープを買収したのか。その狙いが明らかになってきた

    シャープと鴻海が共同出資するテレビ向け液晶パネル生産会社、堺ディスプレイプロダクト(SDP)は16年12月30日、中国の広州市政府と共同で世界最大級のパネル工場を新設すると発表した。広州の新工場に1兆円を投じ、18年秋の生産開始を目指す。
    その前日の29日、シャープは保有するSDP株の一部を鴻海に譲渡した。鴻海の議決権ベースの持ち株比率は39.88%から53.05%となり、SDPを子会社にした。
    シャープは持ち株を171億円で売却し、16年10~12月期の連結決算で2億3400万円の特別利益を計上する。戴氏が下期の最終黒字を公約した根拠となるカードの一枚を切ったことになる。
    SDPの新規株式公開(IPO)を検討していると伝わった1月5日の東京株式市場で、シャープの株価は一時、前日比31円(11%)高の324円まで上昇。14年9月以来、2年4カ月ぶりの高値をつけた。SDPが上場すれば、シャープは保有株を売却し、財務の改善につながると期待されたからだ。

    SDPの上場は、戴氏の公約「黒字化、早期の東証1部復帰」の切り札になり得るのか。

    鴻海は世界最大のEMSだが、あくまで有力メーカーの生産をサポートする“黒子”の存在でしかない。同社は米アップルの「iPhone」を生産しているが、圧倒的に知名度が高いのはアップルであって鴻海ではない。ここに鴻海がシャープを買収した本当の狙いが隠されている。

    シャープの買収に執念を燃やした理由は、シャープをテコにして世界的ブランドとして通用する商品の開発から販売までを手掛ける総合電機メーカーに脱皮することだろう。これは、郭氏の悲願である。

    鴻海とシャープは、中国にスマホ向け有機ELパネルの量産工場を建設する。アップルが年内に「iPhone」の表示装置を有機ELパネルに切り替えると予想されることから、鴻海・シャープ連合は有機ELの量産に乗り出し、先行する韓国のサムスン電子を追う。

    シャープは有機EL関連で2000億円を投資し、国内に工場をつくる予定だが、量産工場に関しては中国ということに方針を転換した。

    wst1604120002-p1

    全文:
    http://news.infoseek.co.jp/article/businessjournal_303821

    まぁ、シャープは食われるだけなんでしょうねぇ。
    日本人としては少々寂しいというかなんというか…(´・ω・`)

    SDPの話は全然理解できてなかったな…。
    何ごとも勉強ですなぁ。
    【【完全なる子会社シャープ】鴻海の世界的躍進のために「意のままに」利用される】の続きを読む


    クーリエ・ジャポン 2017年01月05日

    「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去るでしょう」ジム・ロジャーズが語る!
    クーリエ・ジャポン記者も直撃

    Q.移民について、ロジャーズさんはとても前向きですね。たしかに、これまでの米国では、シンガポールのように多民族が共存することで、法制度も文化も、経済も豊かなものとなりました。

    しかし、ここ日本はいまだに移民制度に対してとても厳しく、外国人の流入に対してオープンではありません。日本の移民制度についてはどうお考えですか?

    私は日本人ではないので、日本人に何かをしろと指示できる立場にありません。

    もちろん、日本は基本的に外国人や移民が好きではない、と言えるでしょう。そしていまの日本はとても深刻な問題に直面しています。人口は近年で最低となり、債務は跳ね上がるように増えましたもし私が10歳の日本人だったら、ただちにこの国から去るでしょう

    あと40年もすれば、この国は破綻し、負債を返済する人も圧倒的少数となるでしょう。私にとって日本はとても大好きな国の1つなので、とても残念でなりません。私はスシをどこで食べればいいんだ……

    50年後、破産して誰もいなくなった国。とても悲しい結末です。しかし、これは歴史において繰り返されてきたことでもあります。

    扉を閉ざした国は、急降下する。先例はたくさんあるのに、人々は国を自分たちだけのものにしたがるのです。

    歴史から得られる教訓の1つは、「人々は歴史から学べない」ということなのでしょう。たとえ、この教訓をわかっていたとしても、「今回は違う」と思い込むのです。

    ちなみにドナルド・トランプ氏は歴史からの教訓にまったく関心がありません。自分は過去の指導者よりも良い、強いと語っています。つまり歴史よりも強いのだ、というわけです。

    日本に話を戻しましょう。私は日本のことは本当に大好きですが、データを見れば破綻が迫っているのは一目瞭然です。出生率は下がり、人口は減り、債務は増えている。これは私の個人的意見ではありません。事実として、統計が指し示しているのです。

    Q.破綻状態にまで危険になるにはどれくらいかかるのでしょう。10年ですか? それとも20年?

    すでに始まっていますよ。

    日本の2016年の株式市場は26年前に比べると50%以上も下落しています。ほかにも同じような傾向の国はありましたが、みな回復しています。

    日本は素晴らしい国ですが、国民はみんな「何かが違う」と、長いあいだ感じているはずです。

    株式市場はそれを測るツールの1つにすぎません。ほかにも測る方法はたくさんありますが、日本人に聞くのが早いでしょう。おそらく多数の人が、「以前よりも状況が悪化している」と答えるはずです。

    ではどれくらいもつのでしょうか。当分はどうにかなるでしょう。しかし、いまの安倍晋三政権の経済政策は心配です。

    安倍首相は円安に誘導すると言っています。しかし、国の経済を長いスパンで見たとき、それが良い影響をもたらしたことはありません。短期的には良い結果が出るかもしれませんが、借金がさらに増えることになるからです。すでに膨大な借金が積み重なっているのに、どうするのでしょうか。

    さらに、安倍首相は移民も受け入れないと言っています。日本が移民を望まない、というのも1つの考え方でしょう。ですが、それなら日本人は子供を産まなければいけません

    子供も産まず、移民も受け入れないとなれば、人口は減り、債務は増えるばかり。いったい将来の日本では、誰が働いて債務を返すのですか?

    破綻は一晩で起きることではありません。しかし株式市場が過去26年で50%も下落した日本は、すでに目の前で崩れはじめています。目に見えないが、破綻は起こっているのです。

    ジム・ロジャーズ00

    続き:
    https://courrier.jp/news/archives/70902/

    10歳で「この国出ていかなきゃ」とか考えられる~い!
    とはいえ、まぁ、こういう考え方もあるわけで…。

    それと投資家の話はポジもあるので、話半分で聞かなくては…(´・ω・`)
    【【ジム・ロジャーズ語る…】「私が10歳の日本人なら、ただちにこの国を去るでしょう」】の続きを読む


    business newsline 2017年01月20日

    Time誌が大胆予想、トランプ大統領の就任でもっとも悪影響を受けるのはメキシコと日本

    トランプ新大統領の就任式を明日に控え、株式市場ではこれまで興奮とは一転、今後の展開について冷静に見る向きが強まってきています。そのようななかでTime誌がトランプ大統領の就任でもっとも悪影響を受けるのはメキシコと日本だと大胆な予想をしています。

    メキシコは既に、トランプ氏の大統領当選確定を受けて、通貨の下落。それを受けた国内エネルギー価格上昇など問題に直面しています。しかし、なぜ、メキシコの次に悪影響を受けるのが日本になるのでしょうか?

    Time誌はその理由について次のように分析しています。

    トランプと安倍首相の両者ともに日本が軍事力を強化することで自国の安全保障に対してより多くの責任を受け入れることで利益を共有しています。
    安倍首相はまた、エネルギー資源確保のため、また、第二次世界大戦でソ連のものとなってしまった北方領土の返還を図るためロシアとの関係改善も進めたいと考えています。
    しかし、もし、トランプが中国との間で危機的な状況をエスカレートさせた場合、日本はもっとも重要な2ヶ国の貿易上のパートナーを失ってしまうかもしれません。
    日本は既に韓国との間で問題を抱えています。
    その上、中国との間においても問題を抱えることになった場合、貿易上、孤立してしまう可能性があります。

    Time誌では、それ以外に悪影響を受ける国としては、バルト三国、ドイツ、フランスを指摘しています。

    トランプネタ11

    出典:
    http://business.newsln.jp/news/201701192251460000.html

    とうとう大統領就任、今日ですね~。
    週末挟むのが残念といえば残念ですが…。

    先物や為替は上下に振るかもしれないので、
    就任式見ながら、為替や先物見てるだけで楽しいかもですね( ^ω^)

    【【トランプ大統領就任】Time誌が大胆予想、もっとも悪影響を受けるのはメキシコと日本】の続きを読む


    日本経済新聞 2017年01月19日 12時20分

    任天堂、スマホ版「ファイアーエムブレム」 「ガチャ」初導入

    任天堂は19日、スマートフォン(スマホ)ゲーム「ファイアーエムブレムヒーローズ」を2月2日から配信開始すると発表した。同社のスマホゲーム第3弾で、初めて「ガチャ(有料の電子くじ引き)」型の課金システムを採用した。ダウンロードは無料。現時点で日本やアメリカなど39カ国での配信が予定されている。

    「ヒーローズ」は人気シリーズ「ファイアーエムブレム」のスマホ向け新作シミュレーションRPG。米グーグルの基本ソフト「アンドロイド」と米アップルの基本ソフト「iOS」向けに配信する。

    ゲーム内のキャラクターは「オーブ」と呼ばれるアイテムを使うことでランダムに「召喚」して、仲間に加えることができる。オーブはゲーム内で入手できるほか、課金して購入もできる。

    召喚を繰り返すと出現率の低いキャラクターが入手しやすくなるなど、課金額の増えすぎを抑える要素を盛り込んだという。また未成年の場合、課金の上限は月額1万2千円に設定する。

    任天堂は3月末までにスマホ版「どうぶつの森」の配信も予定している。

    FEネタ03

    出典:
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ19H4B_Z10C17A1EAF000/

    とうとう来ました、任天堂にガチャ課金。
    時代の流れなんですかねぇ…。
    まぁ、買い切り型でも叩かれ、ガチャでも叩かれかわいそうなところです。
    儲かるとは思うですが…(´・ω・`)

    ただ、決算説明会での岩田さんの台詞があったもので…

    『構造的に射幸心を煽り、
    高額課金を誘発するガチャ課金型のビジネスは、
    仮に一時的に高い収益性が得られたとしても、
    お客様との関係が長続きするとは考えていないので、
    今後とも行うつもりはまったくない』

    【【岩田さんの矜持は…】任天堂、スマホ版「ファイアーエムブレム」 「ガチャ」初導入】の続きを読む

    このページのトップヘ